ビジョンとお金の両立を実現させる専門家、ビジョナリーパートナー和仁達也のサイト

Home > テープ & CD教材 > オープニングマネジメントって?

社長のように考え動く社員をつくる オープニングマネジメントって?

『どんな情報を提供するか』の前に、『どんな関係をつくりたいか』を考える。

神田昌典さんが和仁達也を
インタビューしたCDがあります。
「社員はちっとも分かってくれない」と嘆く前に、
このCDをお聞きください。
はじめの一歩が踏み出せます。

このテープで解説している
オープンブック・マネジメントとは、
社長の頭の中にある
絵(数字と言葉、両方の目標)を
社員に見えるようにする
ガラス張りの経営手法

のことです。
一言で言うと、組織が自律的に動き出すための
「モチベーションアップのツール」です。

「社員にもっと情報開示をして、
自分で考えて動ける会社にしたいのだが、
何からどうやってやれば良いのか分からない」

「私は社長として、数字のことを
どこまで理解すればよいのだろうか?」

という悩みを抱えている方にピッタリです。
オープンブック・マネジメント(OBM)の実践者でもある
神田昌典さんが、この手法の導入支援をしてきた
和仁達也からその秘訣を上手く引き出してくれました。
このCD対談で得られる6つの重要なヒント
  • OBMとは、どんな手法か?
  • 今、中小企業経営者はどんな悩みを抱えているか?
  • 資金繰りが苦しいときに犯す間違いとは?(よくある対応策)
    「コストを削れば乗り切れる」「売上アップの方法が分かれば乗り切れる」
    という勘違い
  • なぜ今、OBMが必要なのか?
  • OBMを導入すべき会社と、導入してはいけない会社とは?
  • OBMを導入するメリットとデメリットとは?
  • OBMの導入時のコツは?
  • 具体的なOBMの運用の仕方のコツは?
  • OBMを導入する前に、社長が覚悟すべきことは?
  • 数字をオープンにすることを躊躇させる5つの理由とは?
  • なぜ数字が苦手な社長が多いのか?
  • 税理士に相談したときに陥る3つの罠とは?
  • OBMを導入するためにまずやっておきたい3つのこととは?
  • なぜオープン化が必要なのか?

 また、この対談CDセミナー(約90分)を聴いて得られる成果は、
インタビュアーの神田昌典さんによれば次の通りです。
このCD対談で得られる4つの成果
  • いままで難しかった経営の数字感覚が、誰でも得られるようになる。
  • 90分後に、あなたは自分の会社の現状を本当に知ることができるようになる。
  • 私(神田さん)は、MBAを取る前に、この話を聞いておきたかった。
 この内容は、私が5年間実践してきたコンサルティングのエッセンスを凝縮して、
しかも分かりやすくお話ししたものです。

さらに、今回このCDをお求めいただいた方への特典として、
もう1つCDセミナー「全員参加経営(60分・一般販売価格3,240円(税込))」を無料で提供します。
これはユメオカLLP代表の丹羽浩之とわたし和仁の対談で、オープンブック・マネジメントを
順調におこなっていく上で、踏んではいけない地雷の存在について詳しく解説しています。
対談CDセミナー3 販売価格 : 5,940円 (消費税・送料込)(5,500円+税)
(1) 特別テキストおよびリライト原稿付き
(2) 丹羽浩之との対談CDセミナー「全員参加経営」を無料プレゼント
会社の風通しをよくするための第一歩として、この対談CDセミナーが一助になれば幸いです。

株式会社 ワニマネジメントコンサルティング
ビジョナリーパートナー
代表取締役  和仁 達也


■ 追伸 :
なお、この対談CDセミナーは、2004年から2008年上旬までカセットテープで販売していましたが、
ご希望の声にお応えして2008年4月からはCDで再販売しているものです。
過去にお求めいただいている方は、重複のご購入にご注意ください。

▲PageTop