「顧客の成果を引き出すトップ・コンサルタントは、個別コンサルの現場でクライアントとどんな会話をするのか?」

守秘義務のため名前も出せず、これまでシークレットにされてきた、
コンサルティングの現場を場外観戦できる、前代未聞のCD教材 が完成しました。

わたし、和仁達也と鳥内浩一さんがタッグを組んで、歯科と会社経営者、コンサル士業の
3分野・計5社にそれぞれ50分ずつの個別コンサルティングをしました。

それを全クライアントの了承を得たことにより、CD教材として一般公開できることになりました。

このような企画は通常は商品化されません。なぜなら、クライアントにしてみれば、
「自社の相談内容を一般公開されるなんて、抵抗がある」と感じるからです。

なので、中には

「はじめから筋書きのあるシナリオでやり取りしているんじゃないの?どうせ、ヤラセでしょう!?」

と疑う人もいるかも知れません。

もっともな疑問ですよね。そこで、クライアントの1人(ソフト開発社長)に尋ねてみました。

「このような公開型のコンサルティングは抵抗感のある方もいると思いますが、今回エントリーいただいた最大の理由は何ですか?」と。

彼は次のように答えてくれました。

image

「アプリケーションは型がない分、アイデア次第で誰でも似たようなものが作れるので、
公開コンサルティングに参加すること自体如何なものかと思ったのですが、
アイデアが日の目を見ずに終わったり、
自社を信じてくれたお客様に期待する効果が出せないことの方が恐ろしい
ので、
今出来る最善のことをしようと思いました。

今の自分に抜けている視点を見つけ、
最高のサービスを提供したい
という思いが最大の理由です」

image

photo

ちなみに彼はコンサルティングの後に、
次のような感想を聞かせてくれました。

image

数値化出来ていないところが見えました。
具体的なスケジュールに落とし込んでいきたいと思います。

キャリアとのコラボビジネスモデル特許は考えていませんでしたので、
ぜひ検討したいと思います。ありがとうございました」

image

ちなみに、クライアント席の価格は75,000円でしたが、
彼にとって実際の価値は10万円くらいあった、とのこと。

今回エントリーしていただいたクライアント5名の業種は、
歯科院長2名に税理士、人材派遣・業務請負会社の社長、ソフト開発会社の社長です。

また逆に、こんな心配をしてくれる同業者の人もいました。

「コンサルタントとして、生のコンサルティングを公開するのって、リスクないんですか?」

わたしは初め、どういう意味かよくわからず尋ね返すと、

「いや、同業者にバレると情報の秘匿性がなくなる んじゃないか、とか、
同業者や見込み客に『なんだ、この程度か』とバカにされるんじゃないか
とか、わたしだったらいろいろ心配しちゃうんですけど」

これは、たしかに正直、心配がありました。

というのは、当日はいきなり本番の一発勝負。
しかも、会場にはクライアント席のほかに、会話を見学できるオブザーバーの
参加もあるという、特殊な環境の中でのコンサルティング。
そんな中で、会話が間延びしてしまったり、やりとりがマニアックになりすぎて
オブザーバーには退屈なものになってしまう
、なんてことは、たしかに十分あり得ることです。

また、まったく予期しない流れになってグダグダになり、オブザーバーどころか
クライアントの期待にすら答えられない結末になる、なんてこともあるかも知れません。

そこで、論より証拠、わたしがあれこれ言う前に、
当日オブザーブ席で見学した参加者の声を聞いてみましょう。

ちなみに、オブザーブ席の参加費は25,000円でしたが、実際の価値はいくらだったかも尋ねました。

image

(株)プレジデンツビジョン 石原尚幸さま

普段は決してみることができない
個別コンサルの現場を公開の場で見ることができ大変勉強になりました。

コンサルで効果をあげてもらうためには、相談している人が何につまづいているのか?

何がネックになっているのか?を突き止める必要があり、そこを探るために
何を聞いたら良いかを考えながらヒアリングしているお二人の姿勢が強く印象に残りました。

課題の抽出だけで終わらずに、まず何から手をつけたら良いかを考えたり、
アドバイスを与え「最初の一歩」を踏み出す所まで整理してあげている
所が参考になった。
(ここまでやってあげれば、満足感も得られ行動がおき、成果につながると感じました。)

■ 石原さまにとってのセミナーの価値:オブザーブ席 → 5万円

image

image

わたべ経営支援事務所 渡部和義さま

自らのコンサルティング手法との“ズレ”を確認するために参加しました。
・自分自身が足りない点が明確になったのでトレーニングしようと思いました。
・その一方で自信を持って今後も続けていこうと思えるスキルもあったので、
 それを自身の強みとして磨いたものをアピールしようと思いました。
・他にはない内容でしたので、とてもよかったです。
 コンサルティングの現場を改めて知ることができました。
・あっという間の時間でした。全てのセッション聴くことの重要性を学べました。

■ 渡部さまにとってのセミナーの価値:オブザーブ席 → 5万円

image

image

ユアーブリッジ・コンサルティング 黒澤森仁さま

お一人目の方のセッションを聞いた時点で年間300万円以上の収益モデルが
明確になりました。
早急に実践しようと思います。
お二人の質問で問題が明確になり、キチッとしたアドバイス、ステップ by ステップの
行動まで明確にされていたので大変わかりやすかったです。非常に参考になりました!

■ 黒澤さまにとってのセミナーの価値:オブザーブ席 → 100万円

image

image

(株)くらしと家計のサポートセンター 大間 武さま

・生のコンサルを見、聴きながらポイントとなるキーワード、フレーズを考えることは、
 自分の考えを確認することになった。
・コンサルの内容は自分の事業の今後について考えるときに活用してみようと思う。
業種の違う方を複数コンサルすることは、変化も感じられ、内容も充実して良い。
 (全てのセッションにそれぞれ特徴があるので、それぞれ良い
と思う)

■ 大間さまにとってのセミナーの価値:オブザーブ席 → 88,000円

image

image

橋本事務所 橋本誠一郎さま

・「はじめの一歩」と「意味づけ」
・いで先生のセッション
・大きく漠然としたテーマへの対応
ビジョナリーコーチングの基本に沿った進め方で改めて基本の大切さを認識しました。

■ 橋本さまにとってのセミナーの価値:オブザーブ席 → priceless

image

image

MKさま

ノートに「今までの盲点」というタイトルを書き、メモしていったところ、
12項目も出てきてしまい、これから改善すべきことが盛りだくさんです。

鳥内先生の「セルフイメージ」と「原体験」の話は“今、なんとなくこれをやりたいけど、
自分でさえなぜそれをやりたいのかわからない”という方の解決策になると思います。

和仁先生の数字に関する着眼点は、セミナーではザックリした会社の数字中心でしたが、
コンサルになると、こんなに細かいところまで見ていくのか
と大変学びになりました。

■ MKさまにとってのセミナーの価値:オブザーブ席 → 49,800円

image

また、75,000円のクライアント席で参加した中野伸一さんは、こんな感想を寄せてくれました。

image

(株)信越工業 中野伸一さま

・多くの気づきを発見する事が出来た。
・他の業界の問題点、悩みについて知る事が出来た。
・アドバイスシートが気づきを発見するヒントになった。
・杉本氏の「運転代行システムの集客」での費用対効果視点(ビジネスモデル)での
 アドバイスが良かったです。

■ 中野さんにとってのセミナーの価値:クライアント席 → 15万円

image

そんなわけで、実際にやってみた感想としては、わたしも鳥内さんも、

「最高に充実したセッションをやれたなぁ!」

という感じでした。

さて、この場外観戦CDの購入者が得られるベネフィットは、
対象者ごとに大きく次の二つです。

①会社経営者や歯科院長は、「自身の隠れた課題の発見と、自力ではとても思いつかなかったであろう解決策、およびビジネス発展のヒント」を得られる。 ②コンサルタントや士業は、「短時間で解決策を導くコンサルタントがコンサルの現場でどんな感じで会話をするのか」を学べる

次に、このCDならではの特徴について触れておきましょう。

これは、メソッドや知識を学ぶ「ノウハウ習得型」の教材ではありません

鳥内さんや和仁のコンサルを擬似体験して、間の取り方やテンポ、リズム感、切り込み方を感じとり、
自社のアイデアをひらめく刺激をもたらす「体感型」の教材
です。

さて、そんなコンサルティングで具体的にはどんなテーマを扱ったのか、を、
次にダイジェストで紹介します。

5社のコンサルティング内容とは

image

1人目:鈴木史生さん(税理士事務所経営・女性)

photo

相談テーマ:“作業所”的存在からの脱却
(セルフイメージの引き上げ)

【ポイント】
自分に自信が持てない状態をいかに脱却するか?
見込み客に一発で信頼されるには?
・「やりたいことにチャレンジしたけど上手くいかなかった」場合のリスクとは?

image

image

2人目:井出壹也さん(歯科医院経営・男性)

photo

相談テーマ:一貫性のある行動をとりたい
(スタッフを巻き込むには)

【ポイント】
・やりたいことがあると後先考えずに、
 とりあえずやってしまうのはいいことか?
スタッフにいくらやり方を教えても、なかなか動いてくれないのはなぜか?
理念やビジョンが社員の行動に結びつかない。どうしたらいい?

image

image

3人目:杉村雄也さん(ソフト開発会社経営・男性)

photo

相談テーマ:運転代行システム
(アプリ)の集客をいかにやるか?

【ポイント】
概算でザックリと市場規模を導き出すには?
・複数の会社や機関とジョイントベンチャーするには、
 何から手をつければいい?
1対1の対面式の営業か、DMをつかった広範囲のアプローチか、どちらがいい?

image

image

4人目:佐藤達也さん(歯科医院経営・男性)

photo

相談テーマ:オールセラミックの価格設定を
どうするか?

【ポイント】
格安キャンペーンでたくさん患者さんが集まったが、
 粗利率が低くて採算がとれない
ので、
 より品質の良い材質に切り替えたい。
 が、それだと高額になり、患者さんが離れないか不安。どうすればいい?

image

photo

そして、5人目の相談内容はちょっと特別で、会場が何度も爆笑(!)
したセッションです。

あなたがこんなことで悩むことは絶対ないでしょうから、
おそらく参考にはならないと思います。
ただ、「そんな発想の経営者もいるのか!?」と、
これまでの常識がひっくり返り、発想の枠組みが広がる効果は期待できます。

また、「自分の置かれている環境、そんなに悪くない」と思え、勇気が湧いてくることでしょう。

image

5人目:中野伸一さん(人材派遣・作業請負会社経営・男性)

photo

相談テーマ:よそでは雇ってもらえない人を雇って、
どんな新規事業をやるか?

【ポイント】
・”ヤル気のある人”“ふつうの人”は断固拒否!
 ヤル気のない人、ワケありの人を積極的に雇いたい。
 そんな人たちを今後も増やしたいが、彼らの多くは、今は親に食べさせてもらっていて
 仕事もヤル気がないので、職安に求人募集をかけても絶対に反応は来ない。
 どうしたら、そんな人たちをたくさん雇えるだろうか?

image

そして、この5人とのコンサルティング・セッションから
具体的に得られる成果は、次の4つです。

具体的に得られる4つの成果

image

①コンサルの現場での「成果を出す“聞き方”」がわかる

コンサルの現場では、実はしゃべるよりも聞くこと8割です。

なぜなら、状況を正しく把握した上でなければ、
的外れなアドバイスをしてしまうリスクが高いからです。

逆に、状況を正しく把握できれば、最善の策は自然と目の前に訪れます。

そのやりとりは、百聞は一見にしかず。

理屈で学ぶよりも、コンサルタントとクライアントの実際の会話を聞くことで、
イメージをつかめ、間の取り方やテンポ、リズム感、着眼点、切り込み方を感じとる

ことができます。

image

image

②「学んだメソッドをどう組み合わせれば目の前の課題を解決できるか?」の応用法がわかる

鳥内さんは、世界No.1マーケッターのジェイ・エイブラハムの日本代理人として、
彼のマーケティング理論をフル活用して、点と点をむすびつけます。

そして、入り口から出口までのマーケティング・シナリオを展開する流れがとても鮮やかで、
横で聴いていて、わたしも思わずうなりました。

image

image

③クライアント本人も気づいていない真の課題の突き止め方がわかる

個別コンサルの全体の流れは、和仁がナビゲートしつつ、
タイミングよく鳥内さんが質問や提案を投げかけて進行しています。

その中で、「どんな質問を投げかけていけば、問題の本質にたどり着くのか?」
がわかることでしょう。

時には、クライアントの相談とは関係ない(ように見える)質問をすることもあります。
と言うのは、最初にクライアントが口にした相談のタイトルは、真のタイトルではない
ことが大半だからです。

image

image

④「こちらの提案に賛同しながらも、なぜか行動しない」を予防する“はじめの一歩”の決め方がわかる。

正解がわかっていても行動しない。
そんな人は少なくありません。

それはいくつかの理由がありますが、その一つは「何から手をつければいいか」を
細分化・具体化せず、一足飛びにゴールを目指そうとして、ただ眺めているからです。

そう!実は多くの人は、細分化することが苦手なのです。
と言うことは、今やるべき行動が明確なら、それだけ成果は出やすくなります。
そのはじめの一歩をどのように決めていくか、にも注目していただきたいと思います。

image

さて、コンサルティングが終わった後、
わたしと鳥内さんは講師としてお互いのコンサルを間近に体験して、
次のような感想を口にしました。

image

和仁の鳥内さん評

「鳥内さんは、世界No.1マーケッター、ジェイ・エイブラハムの
 マーケティング理論をフル活用して、点と点をむすび、
 入り口から出口までのマーケティング・シナリオを展開する流れ
が見事です」

鳥内さんの和仁評

「僕から見た和仁さんの持ち味は、クライアントを安心させ、課題を明らかにし、
 解決策に自ら気づかせ、着実に行動へと導く卓越した質問力・聴く力
、ですね」

image

この場外観戦CDの価格

以上のように、今回の場外観戦CDは、
クライアントの立場で聞いても、コンサルタントの立場で聞いても、
得られる成果が大きい内容に仕上がりました。

さて、これらすべての情報(約6時間)を得られるとしたら、それはあなたにとって
どのくらいの価値があると言えるでしょうか?

鳥内さんも和仁も、1回のコンサルティング報酬は数十万円以上を
クライアントからいただき、結果を出し、満足していただいています。

そして、クライアント席の参加費は78,750円で、
全員に参加費以上の価値を実感していただきました。

それをできる限り多くの方が入手しやすい投資額でお届けしたいと考え、
CD5枚組(計6時間)の場外観戦CDの販売価格は、36,720円(税込)です。

一般には公開されることのない、個別コンサルのやりとりを聴けるために
必要な投資額は、36,720円(税込) です。

さらに、今回の教材は最初にもお伝えしたように、
「前代未聞な教材なので判断がつかない人」
「期待した内容と違っていて後悔したくない人」
もいると思います。そこで、
商品到着後60日間全額返金保証をつけています。

お聴きになって、このCDが期待されていた内容と違う場合は、
教材が到着後60日以内に教材一式を弊社に返品頂ければ、
教材価格の全額をお振込みさせていただきます。

したがって、「案内文面から想像していたのと、実際の内容が違った」
というリスクをあなたが負うことはありませんので、安心してお求めいただけます。

さらに、今回の場外観戦CDでは、あなたに最大限の成果を受け取っていただくために、
5枚組CDに加え、以下の3大特典をご用意しています。

特典1 ホワイトボードのメモ写真をプレゼント!

photo

講師2人がコンサルしながら情報の共有と
整理のために
ホワイトボードに書き込んだメモの
写真画像
付きのテキストをお付けします。

成果を出すコンサルタントは、
クライアントの頭の中と自身の頭の中の情報量を
一致させるためのスキル
を持っています。

その1つが、「メモの取り方」です。
それもコンサルタントだけが見えるようコッソリとメモするのではなく、
クライアントにも見せながら、情報や認識の不一致を予防し、話を前に転がしていきます。

各回のセッション終了後に、ホワイトボード一杯に描かれたメモの写真を撮影したので、
それをテキストとしてまとめました。

その写真を見ながら音声を聞くことで、より臨場感が高まり、
リアリティをもってコンサルティングを楽しめることでしょう。

今回、それを印刷したテキストを同封します。
さらに、iPadやiPhoneなどの端末で移動中に音声を聴きながら画像を見れるよう、
PDF形式でテキストをサイトからダウンロードできます。

特典2 5社のコンサルセッション文字起こし原稿をプレゼント!

全5社のコンサルセッション(5時間分)の全会話を文字起こし
したレポート(PDF形式)を後日プレゼントします。
(急遽、追加決定したことに加えて、ボリュームが大きいため、現在制作中。
 2013年12月末~翌年1月初旬をめどに、メールでお届けする予定です。

ある有名漫才師が、若手の頃のエピソードとして、
「先輩の売れっ子漫才師の舞台でこっそり録音して、
それを文字起こしして、1分間に何回のボケとツッコミを入れているか、
など分析して自分たちのスタイルを確立するヒントにしていた」という話があります。

その点、音声と同時に文字起こしがあると、
とくにコンサルタントの方にとっては、これに近い効果が得やすくなると思います。
つまり、私達のコンサルセッションを耳で聴くだけでなく、目で追えることで、
重要なポイントにマーカーしたりメモを書き加えるなどして、

● あなたのビジネスを飛躍へと導く「正しい質問」を明確に特定し、
● 最高の結果を生み出す「戦略」の組み立て方が目で見えるようになり、
●「分かっていても行動できない」悩みを解決し、
  具体的な一歩を踏み出すポイントを的確に知り、
● 自分でも気づいていなかった
 「盲点」を見抜き、「本当の課題」をあぶり出す方法を丸裸にし、

自分の発想や自分へのアドバイスでは決して得られなかった
「枠の外れた」アイデアも得やすくなるでしょう。
その結果、この教材の投資効果は、さらにアップすると信じています。

特典3 和仁に直接メールで質問できる!(購入後1カ月以内)

今回のセッションの一番最後には、オブザーバーからの質疑応答が含まれています。

通常ならこのように講師に直接質問ができるのは、
リアルで直接会えるセミナーだけの特典なのですが、
今回は特別に和仁からのプレゼントとして、
CDでお聞きの人の質問にもお答えしようと思います。

例えば、自分に近い相談内容があって、
少し事情が違った場合に「わたしの場合はどうか?」と質問したい方もいるでしょう。
そこで、CD購入から1ヶ月以内であれば、
メールでいただいた質問に和仁がメールでお答えします

なので、CDで聞きながらもし質問が浮かんだら直接、それを講師に確認できます。

※ 2点、予めご了承ください

【1】この教材は、専用スタジオでの収録ではなく、ライブの公開コンサルティングを
   収録したものであるため、ハンドマイクの持ち位置の関係で、
   クライアント2人目の井出さんの声が一部、上手く拾えていない箇所があります。
   その点は、文字起こし原稿でカバーしていただければ幸いです。

【2】この教材はCD教材で音声だけのため、過去に和仁の教材やセミナーを
   受けたことがない方には、この教材は価値が伝わりにくいかも知れません。
   よって、「このCD教材が弊社教材で初めて」の方には、
   先に鳥内さんとのジョイントで開催した大好評のセミナーDVD
   「ビジョナリーマーケティング」を予めご覧になることをお勧めします。

今すぐ申し込む

最後にこの公開コンサルティングを行った2人のプロフィールをご紹介します。

講師プロフィール

photo
和仁 達也 (わに たつや)
株式会社ワニマネジメントコンサルティング 代表取締役

1972年生まれ。ビジョンとお金を両立させる専門家。ビジョナリーパートナー。
99年1月に27歳で起業。

月給25万円のサラリーマン時代から一転、月額30万円以上の顧問契約先がだんだん複数社になるなどして、実績を積んできた。

単なる情報提供ではなく、クライアント目線からの経営支援が信頼に結びつき、コンサル業界では顧問契約年数が通常1年未満で終わると言われる中、平均5~7年、長い顧問先では10年以上に及んでいるのが特徴。

自身が人並み以上に試行錯誤してきた経験にもとづき、ビジョン実現化と「お金」「時間」「コミュニケーション」を連動させる独自の理論で、経営の素人にも理解できるほどわかりやすくアドバイスしている。

その「難しいことを、わかりやすく楽しく」解説する能力を高く買われ、品川女子学院(高校)にて「ビジネスと人生で使えるお金の授業」を担当。大反響を得て、テレビ番組『カンブリア宮殿』でも紹介された。

現在は、企業や医療機関の個別コンサルティングのほか、コンサルタントの育成にも注力し、社長と社員が夢を語り合える会社を増やすことに情熱を注いでいる。

著書に14刷7万部超のロングセラー「世界一受けたいお金の授業」(三笠書房)をはじめ、「脱★ドンブリ経営」(ダイヤモンド社)、「夢現力」(ゴマブックス)ほか多数。
■ 公式サイト http://www.wani-mc.com/

image
photo
鳥内 浩一 (とりうち ひろかず)
株式会社リアルインサイト 代表取締役

1976年富山県高岡市生まれ。東京大学ならびに同大大学院卒業後、複数のコンサルティング会社にて、金融、自動車、通信、電器、商社、アパレル、ITなどの企業をクライアントとしたマーケティング&ブランド戦略~新規事業立ち上げ~システム構築を手がける。2005年よりラーニングエッジ(株)に経営陣として参画し、「世界一のマーケッター」ジェイ・エイブラハムなどの世界的権威から直に学んだビジネスノウハウを、仲間と共に実践。会社は創業以来連続増収を続け、セミナーズは、現在4万人の個人と、4000社の企業が利用。2008年には業界最大規模となる4000人のセミナー集客に成功し、2011年には参加費70万円のセミナーに325人が参加。

現在は、様々な理論と自身の経験から体系化した方法論をもとに、日本各地の経営者・起業家に対して業績向上のための講演・セミナー・コンサルティングを行う。

これまでコンサルティングを行ったクライアントは100社を超え、ビジネスをスタートしたての起業家から年商100億円規模の企業まで幅広く、業種業態・規模の大小を問わず業績向上へと導く手腕に定評がある。そのノウハウを公開する講演やセミナーも多くの経営者や起業家が集まる。講演・研修実績多数。2011年4月、株式会社リアルインサイト設立、代表取締役に就任。社名の由来real insight = 本物の(本質的な)洞察 の意味通り、一時的な流行や、古い常識、安易な思考に捉われることなく、クライアントが最良の結果を得るための本質的な解決策を提供することを追求することに強いこだわりを持つ。 著書に「売れる仕掛け」(PHP出版)、「逆説の仕事術」(マガジンハウス)がある。

image

CDセミナーの詳細

タイトル 和仁達也&鳥内浩一 実践コンサルティング場外観戦CD
講師 和仁 達也 鳥内 浩一
CD 5枚組・収録時間(約6時間)
1.各セッションのホワイトボードのメモ写真が収録のテキスト付
2.5社のコンサルセッションの会話の文字起こし原稿付き
3.和仁に直接メールで質問できる権利付き(購入後1カ月以内)
価格 36,720円(税込)(34,000円+税)

私からご提案できることは以上です。

もしこのご提案に魅力を感じて頂けるようであれば、是非お申込み下さい。
このCDが、あなたのビジネス飛躍のお役に立つことを願っています。

(株)ワニマネジメントコンサルティングビジョナリーパートナー 和仁 達也
今すぐ申し込む

和仁達也 セミナー講師の和仁達也のプロフィールはこちら

他にもこんな教材があります。

→ 経営ビジョン実現化!ワニマネジメントのホームページをトップページから見てみる