• EN
  • shop

社長と社員の立場の違いが生む「埋められないミゾ」を解消する オープンブック・マネジメント

社長と社員の「埋められないミゾ」を解消し、
「楽しく明るく、その結果、儲かっていく会社」を創る
全員参加経営の導入ステップを公開します。

これは、社員10名程度の小企業が、社長と社員の埋められないコミュニケーション・ギャップを解消するためのマネジメントを導入する方法をお伝えする、セミナーです。

さて、冒頭から唐突ですが、1つお尋ねしたいことがあります。
あなたの会社の優秀な社員から、ある日突然、辞めることを前提に「社長、ちょっと話があるんですが・・・」と声をかけられた経験はないでしょうか?

そのときあなたはどのように思いましたか?
「えっ、そんな予兆、全然なかったのになぜ・・・」
「いつも楽しそうにがんばってくれていたのに・・」
「全く理由がわからん!」

実は、このようなことは成長している会社によくありがちなのです。特に社長の目標達成意欲が高く、社員に気を遣うことができる人格的にも敬意を表されやすい会社に多いのです。

それはなぜでしょう?
そのような社長は、周りの社員のモチベーションを高め、より働きやすい環境を提供したいという思いを強く持っています。 そのため社長は立場の違いからくる微妙な認識のズレに気づかないまま、「社員が心地よく働いているかどうか」にばかり気を配ります。

また、その会社の社員は、目標達成意欲も高く、いつも社員のことを気遣ってくれる社長に感謝する気持ちが強い。
そのため、本当は会社に対する小さな不安や不満があっても、「それを社長に伝えることで誤解されたらどうしよう・・・」という思いにかられ、不安や不満を言い出せないまま放置されてしまうことになります。
そして、人は小さな不安や不満を抱え続けると、それが頭の中でどんどん大きく膨れ上がり、あるとき爆発するのです。

社長に感謝の思いが強く、まじめな社員であればあるほど 「これ以上、社長に迷惑はかけられないので、自分が辞めることにしよう!」 と勝手に思い込んでしまいます。

そして、それが『思い』から『決意』に変化したとき、冒頭にお伝えしたように、「社長、ちょっと話があるんですが・・・」と声をかけてくるわけです。

では、このような状況を回避する方法はないのでしょうか?
もし社内にコミュニケーション能力のある優秀なナンバー2がいると可能になるかも知れません。
しかし、社員10名程度の会社では、人件費や与える役割を考えると、そのような人材を雇うことは難しく、現実的にはそのような人材はいない場合が多いようです。

そこで、我々は「社外のパートナー」として「オープンブック・マネジメントの導入支援」という形で、このような役割を担う活動を10年前から続けてきました。

我々はこのような活動を通じて、社長と社員の立場の違いが生む「埋められないミゾ」は必ずあると感じています。
また、これらのミゾを早めに発見し解消するには第三者が介入することが役立つことも実践を通じて確信しています。

社長、社員ともにお互いが「誤解されるんじゃないか?」と言いづらいことは、どうしても精神的に負荷がかかるので先送りされてしまいます。そして、いつのまにか膨張・爆発につながってしまうのです。

ところが、そこで話を引き出してくれる第三者が介入することで、お互いの「スレ違い」を客観的に把握し、芽の小さなうちに対処することができます。
そして、そのツールとして我々は、オープンブック・マネジメントという方法を使っています。

詳しい内容はセミナーでお話しますが、ひと言で言うと、会社のお金とビジョンを社員に公開しながら、全社員参加型で経営をしていく手法のことです。

我々は社長と一緒にビジョンやプランを作ります。
そして、社員には「社長に代わってその内容を上手く伝えてくれる、または補足してくれる人」という位置づけで最初は接します。
そして、このきっかけによって、会社の向かっていく方向性がいつの間にか社員にも浸透していき、また社員が現場で困っていることも早めに吸い上げることが可能になります。

そして、このオープンブック・マネジメント行うことで会社は次のような成果につながります。

  • 1

    社内の雰囲気が明るくなり、楽しい会社になる

  • 2

    現場のことは社員に任せることで、臨機応変に社員が動いてくれる

  • 3

    辞めることを決意した上での「後ろ向きな話し合い」は少なくなる

  • 4

    不信感を抱きにくい納得感のあるボーナスを分配でき

  • 5

    売上も上がり、必要な利益もでる会社の構造になる

なお、このDVDセミナーは次のような人を対象に設計しています。

このDVDセミナーの対象者

  • 1

    社員とのギャップが埋まらないのは、自分の器が小さいからではないかと誤解してしまっている社長

  • 2

    代替わりしたばかりで、自分自身で確立した「社員との関係性」を築きたいと考えている2代目の社長

  • 3

    「今までの延長上では我が社の発展は考えられない」と腹をくくっている社長

そして、このDVDセミナーでは100分のセミナーと60分のQ&Aタイムで、次の重要なヒントが得られます。

このDVDセミナーで得られる5つのヒント

  • 1

    なぜ社長と社員のギャップが埋まらないのか?その3つの理由

  • 2

    自社でオープンブック・マネジメントを実践するための7つのステ

  • 3

    それをスムーズに取り入れるための3つの秘訣とは?

  • 4

    専門家を上手に活用し、無理なく新しい手法を社内に定着させるコツとは

  • 5

    実践してみてはじめてわかる、オープンブック・マネジメントの落とし穴とは?

このDVDセミナーはサービス説明会の要素も入っているため、
16,500円(税込)という特別価格で提供します。

ただし、セミナー部分については一切の妥協はありません。
これまで10年間以上にわたる、和仁のコンサルティング・ノウハウの集大成をお伝えします。

今回のDVDセミナーは、次の二部構成で進行します。

セミナー内容

● 第1部 和仁達也によるセミナー <100分>
● 第2部 セミナー内容およびサービス内容についての公開Q&A <60分>

価格

16,500円 (消費税・送料込)(15,000円+税)

※ A4版9ページ・ビジュアルでパッと見てわかるテキスト付
※ 実際にコンサルティング現場で使っている社員面談シート、
目標達成シートなどのサンプル付

セミナー講師の和仁達也のプロフィールはこちら

特に経営数字に強くなりたい方には、こんな教材があります。

(1) 数字の苦手なドンブリ社長が儲けの構造を2時間で学べる
→脱★ドンブリ経営<基本編>

(2) 1シートであなたの経営に確信と根拠をもたらす
→経営RPGセミナー

(3) 社長がワクワクし、有能な社員をも引き寄せる
→ビジョナリープラン策定法

→ 経営ビジョン実現化!ワニマネジメントのホームページをトップページから見てみる