photo

こんにちは、和仁達也です。

このセミナーは

「コンサルタントとして既に経験豊富だが、
 訪問型コンサルで手一杯の方(Ⅰ)」

だけを対象にしているように
感じられるかもしれませんが、
実際は、そうではありません。

「これからコンサルタントとして活動していく方(Ⅱ)」

にも価値を得ていただけます。

そこで、(Ⅰ)(Ⅱ)の両者にとっての参加価値についてまずご説明します。

(Ⅰ)の方にとっては、電話コンサルティングを取り入れることで、
サービスの受け皿が増え、収益機会が増大します。

また、訪問型コンサルティングよりもクライアント件数を多く持てるため、
事例収集の幅が広がり、独自セミナー企画や雑誌連載などの
コンテンツ制作に活かせることにつながります。

また(Ⅱ)の方にとっては、サービスメニューを増やすことにつながり、
こちらも収益機会を最大化できます。

例えば

『個別訪問型コンサルティング5時間で15万円、
 個別訪問型コンサルティング2時間の社長面談のみで8万円、
 電話顧問コンサルティング30分で1.5万円』

というようにです。

「訪問型までは必要ない顧客」「電話顧問から試してみたい顧客」
にもサービス提供機会が広がるためです。

しかし、

「経験もないのに、いきなり電話コンサルティングは難しいのでは?」

という不安をお持ちの方もいらっしゃいますが、これも問題ありません。

なぜなら現在はZOOM、Google Hangouts、Skypeなどの
映像や資料の画面共有できるツールが出揃っている時代です。

一度、訪問して会っている相手であれば、
最初の1、2回は不安が出ますが、これらのツールを使えば、
その不安もなくなるためです。

そういう意味で、わたしが独立した20年前とは環境が全く異なります。

さて、
わたしがコンサルタント向けの養成塾でよく聞く悩みに、次の声があります。

「つい、見込み客や顧問先の相談に
 無料で乗ってしまうので、常に忙しい」
「新しい商品やセミナーの開発をしたいが、
 そのネタを見出せないまま時間が過ぎる」
「営業のじょうごが構築されていないので、
 常にコンサル契約の解除に不安がある」

そんな悩みが一度に解消できます。さらには、

「すでに個別コンサルで手一杯で、新規を受けられないが、
 スキマ時間を生かして、もっと多くの人に貢献したい」
「『電話やskypeで短時間のコンサルをやってみたい』
 と思いつつも、
 『訪問なしで、本当に価値を感じてもらえるのか?』
 が不安で着手できない」

というもどかしさを感じている人や、
逆にコンサルを始めたばかりの人で、

「期間限定で、低額なコンサル・セッションを
 量稽古のつもりで一定量の経験を積みたい」

というケースにも、きっとお役に立てると思います。

まずは、わたしが2010年に電話コンサルティングを
やり始めた理由をお話ししさせてください。

それはコンサルタントとして独立して10年目に差し掛かる頃のことです。
実は当時のわたしは、ある悩みを抱えていました。

それはよくセミナーでもお伝えしている話で、

「独立起業して10年目あたりで、
 『次のワクワクするビジョンが見えないジレンマ』におちいる」

というものです。まさに和仁自身もそれを感じていました。

当時、1社あたり月額30万円をいただき、
5年以上の長期継続するパートナー型コンサルティングの形も確立し、
教材やセミナーを複数リリースし、年1冊ペースで本も出版していました。

それを表面的に見ると、何も悩みはないようにみえるかも知れません。

しかし実際には、

・1社のコンサル契約が終了しただけで
 年間360万円の利益が消える不安感が常に隣り合わせ。
 (同時に2社が終了したときは、さすがに焦りました)

・1社に深く入り込むスタイルのため、
 特定の会社や人とばかり接するので、
 気がつけば狭い世界の中で時間が過ぎる。

・その結果、「何が求められているのか」
 「何をテーマにセミナーや本をつくればいいのか」がわからなくなり、

・その焦りを人に話しても、
 「贅沢な悩みだよね」と一蹴されて終わり。

その結果、何を目指せばいいのかがわからない状態で、2〜3年
もやもやしていたのです。

「ビジョンが見えないビジョナリーパートナーって、なんやねん!?」

と自分にツッコミをいれながら…。

そんな時に、ふと思いました。

「ふだん接しているクライアント以外の社長やコンサルタントの
 頭の上にあるお困りごとトップ3は、何なのだろう?」

と。つまり一般の経営者とわたしのクライアントの間には、
常識のズレみたいなものがある気がしたのです。

と言うのも、毎月マンツーマンでコンサル・セッションを受けて、
ビジョンに向かって突き進む経営者と、
独力で試行錯誤している経営者とでは、
スピード感も問題意識も大きく異なっていました。

そして、出版やセミナーをやりながら、
訪問型のコンサルティングで関われる件数は、7~8社が限界でした。

その結果わたしは、

「大多数の経営者はもっと違うことで悩んでいるのではないか、
 見過ごしていることがあるのではないか?」

という不安が潜在的にありました。そこで、

「もっと広く経営者の生の悩みに触れる機会をつくりたい!」

そして、

「それを商品として、お金をもらってやる方法はないか?」

と考え始めました。

そんな時に、わたしのセミナー参加者の一人からこんな質問を受けました。

「毎月30万円のコンサルを受けるほどではないんですけど、
 もっと手軽に短時間で
 コンサルしてもらえるサービスはないですか?」

この質問を聞いた時に、
「あぁ、そういうニーズもあるんだ!」と気づきました。

そして、しばらく熟考して発想したのが、

「毎月1回、30分だけ電話でコンサルする」

というものでした。この「30分1本勝負」だったら、
移動時間もかからないし、準備時間もなしでいけるので、
スキマ時間を有効に使えます

そして、DVD教材を購入してくれた人やセミナー参加者に
個別にヒアリングをしてみたら、

「どうやら一定のニーズがある」

ことが判明したと同時に、前述のように

「ふだん接していない世間一般の
 経営者のお困りごとを把握できる」

可能性を実感して、2010年7月から、このセッションを
「電話顧問サービス」と名付けてスタートしました。

その結果、スキマ時間を収益化することができたのですが、
いざ始めてみたら、それ以上の価値がありました。

それは、先にお伝えした10年目のジレンマが、
次のように解消したことです。

image

【ジレンマ①】

・1社のコンサル契約が終了しただけで
 年間360万円の利益が消える不安感が常に隣り合わせ。
 (同時に2社が終了したときは、さすがに焦りました)
 → 低額ながら数多く関与できることで、リスクが分散された。
   また、「個別コンサル契約が終了しても、
   ダウンセルで電話コンサルに移行する」流れができた。
image
image

【ジレンマ②】

・1社に深く入り込むスタイルのため、特定の会社や人とばかり接するので、
 気がつけば狭い世界の中で時間が過ぎる。
 その結果、「何が求められているのか」
 「何をテーマにセミナーや本をつくればいいのか」がわからなくなり、
 → 高額単価だと接触する機会がなかった人から、広くお困りごとを聞けて、
   そこからセミナーや合宿、養成塾など新たな商品が誕生した。
   しかも、そこに直接お誘いできる見込み客にもなった。
image
image

【ジレンマ③】

・その焦りを人に話しても、「贅沢な悩みだよね」と一蹴されて終わり。
 その結果、何を目指せばいいのかがわからない状態で、
 2〜3年もやもやしていた。
 「ビジョンが見えないビジョナリーパートナーって、なんやねん!?」と
 自分にツッコミをいれながら…。
 →「ビジョンの実現化」という従来のミッションが進化して
  「ビジョンの実現化と、その影響力の最大化」となり、
   異分野のキーパーソンとのジョイントベンチャーが加速。
   様々な養成塾や日本キャッシュフローコーチ協会の設立、そして
  「新たな職業を創造する」という新たなビジョンが具体化したことで、
   余計なことに気が散らなくなり、ビジョンに向かってワクワク進み始めた。
image

つまり、リスク分散ができて、ダウンセルや新商品の誕生で売上がアップし、
ミッションが進化して、次のステージのビジョンが具体化したことで、
毎日の仕事が楽しくなる。

そんなきっかけをもたらしてくれたのが、
この電話コンサルティングなのです。

その具体的なやり方を、このセミナーですべてお伝えします。

そこで、このセミナーで得られる価値を紹介します。

得られる価値

ずばり、「電話コンサルのやり方と集め方」がわかります。

さらに、それによって得られる価値は、次の5つです。

①「月額数万円の予算ならOK」な顧客を取りこぼさずに収益化でき、客数と経験値を増やせる。 ②営業のじょうご的に、将来の他のサービスの見込み客として育てられる。 ③リアルタイムなネタの収集効果がある。(本やメルマガ、ブログ、セミナーなどのネタに) ④新商品やサービスの開発のネタが集まる。(幅広く一次情報を、お金をもらって集められる) ⑤接触頻度が高い顧客なので、セミナーの声をもらうなど、依頼しやすい協力者となってくれる。

しかも!
電話コンサルという新サービスが、
あなたの商品構成を下記の図のように最適化して、
トータルの価値を最大限に膨らませてくれます。

詳しくはセミナー内で解説しています。

商品構成の最適化マップ 電話コンサルティング 個別コンサル セミナー 連続講座 執筆 教材

そして、次にこのセミナーの内容をお伝えします。

内容

①コンサル事業全体における電話コンサルの位置付けと役割とは? ②電話コンサルのゼロからの始め方 ③30分1本勝負!時間制限でちゃんと結果を出す秘訣とは?(話が脱線する人の対策、解決策が見出だせないときの落とし所、時間を延長したがる人への対処法、沈黙に耐える心の持ち方、ほか) ④型があるから誰でも再現できる! 電話コンサルの型「はじめ、中、終わり」 ⑤価格の決め方 ~ 30分で5千円と2万5千円の電話コンサルの違い ~ ⑥クライアントの集め方(まずは5人を集めよう) ⑦手間をかけない顧客情報の管理法 ⑧契約更新率が高まる契約更新法 ⑨過去の会話を思い出せるコンサルメモの取り方 ⑩参加者同士で実演!15分電話コンサルのロールプレイング ⑪電話以外に、zoomやskypeで行う場合の留意点とは

さらに、こんなツールも手に入ります。

もらえる4大ツール

①長く続くほどに価値が高まる「相談事の履歴が俯瞰できる一覧表」テンプレート ②契約更新をスムーズにするメールのテンプレート ③請求書のひながた ④電話顧問サービスのランディングページのワード原稿

これらのツールは、印刷された資料だけでなく、
みなさんがそれを使ってご自身のツールを手早く仕上げられるよう、
ワードやエクセルのデータでも提供します。

つまり、みなさんが電話コンサルティングを始める前の
準備にかける時間を最小化すべく、
わたしが肩代わりしておきました。

さらに、みなさんの中には
「月額2万5千円の、和仁の電話コンサルの会話を聞いてみたい」
という人もいるのではないでしょうか。

そこで特別にクライアントの1人に相談したところ、
公開に快諾いただけました。

ちなみに、クライアントは写真スタジオを2店舗経営する2代目経営者で、
相談内容は「本業と並行して、コンサル・ビジネスを立ち上げるには?」です。

その音声CD(30分・非売品)を特別にお付けします。

では最後にこのDVDセミナーの価格についてお伝えします。

今回のDVDの価値は、
新たに電話コンサルティングを商品化して、収益を最大化できる点になります。

それに必要な情報やツールをこの4時間ですべてお届けし、
しかも「自分にもできるんだろうか」という不安を取り除くための、
参加者同士の練習の場も提供します。

つまり、
4大ツールが、1つあたり平均5千円以上の価値があるとして、2万円。
このDVDに収録した1DAYライブセミナーの参加費が8万円。
和仁の電話コンサルの音声CDが2万5千円。

トータルで12万円以上の価値を用意しています。

ただ、ライブセミナーで行なっている、
参加者同士のコーチング・ロープレがないことや、
講師への質問ができないことを考慮して、
半額の6万円にしました。

今回の内容を整理すると、次の通りです。

DVDセミナーの内容

価格 64,800円(税込)
内容物 1.セミナーDVD3枚
  (計4時間 ※ 6時間セミナーのワーク部分などを編集)

2.和仁の電話コンサル音声CD1枚(30分)
3.テキストおよび各種ツール(データCD付き)
4.公開Q&Aセッションの動画(1時間)
支払方法 クレジット決済、または代引き宅配にて

以上です。

月に1回30分好きな場所でコンサルして数万円の報酬を得られて、
契約が複数年に渡るやり方を1日で仕入れて、さっそく実践していきたい人は
このDVDセミナーをご覧になることをお勧めします。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ビジョナリーパートナー 和仁 達也
お申込みはこちら

参加者5人の感想の声を動画でご紹介します

参加者の声のほんの一部をご紹介します

※ 実名での紹介を了承済みです。

image

● 山崎博志社会保険労務士事務所
  山崎 博志 さま

30分コンサルの型を教えてもらったので、イメージがつきました。
10分で意外と進むことが体験できてよかった。

商品構成の最適化マップは、初めてお聞きしたので、とてもわかりやすかった。
不安から一歩踏み出せなかったので、これが解消できたのが大きかったです。

エクセルの管理シートは、今後に活かします!

image
image

● ひまわり経営コンサルティング
  内山 崇行 さま

短時間でのコンサルティングということに
心理的なブロックがありましたが、
意外と出来そうだなということを感じました。

まずは、通常のコンサルティングの時間短縮に取り組みたいと思います。
電話コンサルは今月中に1社提案してみます。

image
image

● 株式会社Fahne
  清家 巧貴 さま

電話コンサルについて全くイメージがなかったが、
やり方、営業の冗語も含め、自身のコンサルの中での
電話コンサルの関係性を明確になりました。

また、具体的なやり方が明確になり、イメージが湧きました。
私のようにスキマ時間が多いとライフタイムバリューが上がります。

image
image

● オークン社労士事務所
  大塚 訓 さま

電話相談サービスのメニュー化を考えるにあたっては、
自社の提供するサービスの構成を改めて考える必要がある事が、
大きな気づきでした。

単純に社労士事務所のサービスにしても良いですし、
これからリリースする講座型サービスにも取り入れて行けます。

image
image

● 株式会社PIJ
  坂本 春之 さま

既存サービスに「独自の」ネーミングをすること。

クライアントにとっての価値をイメージさせること。

image
image

● ギャブリッジパートナーズ株式会社
  松尾 誓志 さま

電話コンサルのやり方のみならず、集客法やWebマーケティングの仕方、
自社商品の中でのポジショニングの仕方、アフターフォローまで、
入口から出口まで、具体的な話を聞けた。

また、仲間との模擬セッションを10分行った事で、
十分価値提供できる実感を得た。

image
image

● 合同会社リバースコーポレーション
  長谷川 博郁 さま

たまに電話コンサルは対面コンサルの代わりに行うことがありますが、
6ヶ月連続の電話はやったことはありません。

1ヶ月30分で効率的に6ヶ月連続講座ができ、
クライアントが満足していることに感動しました。

image
image

● 社会保険労務士法人迫田・村上リーゼンバーグ
  村上 剛久 さま

30分で成果を生み出すコンサルの型を学ぶことができました。

電話でも対面でも使えるので、
経営者との個人面談にスグに活用します。

image
image

● 株式会社ビジネスコントロールパートナーズ
  中村 仁 さま

他のサービスに影響する波及効果の高い内容だと思いました。

LTV(ライブタイムバリュー)を上げるためにも、
是非自社に取り入れる必要があると実感しました。

image
image

● 岩田事務所
  岩田 健一 さま

他の参加者のセルフイメージの高さが刺激になった。
電話コンサルの裏側を知って、立体的、多面的に見ることができた。

クライアント情報の管理など、
電話コンサル以外のコンサルでも使える、応用できることが多かった。

単に電話コンサルのやり方を教えるだけではなく、
コンサルビジネス全体に良い影響を与えるセミナーでした。

image
image

● 合同会社社外人事部長
  長谷川 満 さま

和仁先生の講座は毎回驚くのですが、
1つのサービスになることをここまで出し惜しみせず、
出しまくって頂けるので、あとは、自身のサービスに展開するのみで、
これからがとても楽しみです。

今回もありがとうございました。

image
image

● 株式会社財務部
  洲浜 拓志 さま

全く新しい電話コンサルサービスを、体系的に学ぶことができたこと。

ボランティア的コンサルが多かった私ですが、
このサービスなら収益機会を補足することができそうです。

image
image

● 株式会社すごい改善
  吉田 拳 さま

電話コンサルに限った話ではありませんが、
定期的に対話の場を設けることで、
あらかじめ設定したKPIに基づく日々の活動のPDCAを回していく、
言わば「上司との個別面談」のような位置づけで貢献できると思いました。

image
image

● クマコンサルティング株式会社
  熊澤 斉 さま

電話でのコンサルであっても、
しっかりとクライアントに価値提供できることがわかった。

自分のビジネスモデルや営業のじょうごを描くことができた。

image
image

● 株式会社財務戦略研究所
  鈴木 二郎 さま

電話コンサルをサービス化するにあたっての
事前準備から事後フォローまでの注意点、
30分で成果を導く秘訣や型、価格の設定や集客の仕方まで学べ、
しかもそのツールの使用権までいただけたので、
最短距離でスタートできそうです。

image
image

● Winコンサルティング
  西久保 勝郎 さま

電話コンサルの実践は勿論ですが、
既存ビジネスの品質をあげるためにやるべきことが明らかになったり、
既存の営業のやり方の改善点も明らかになりました。

また、いつも以上に深い内容なので、
和仁先生が日頃行っていることも深く学ぶことができました。

image
image

● メディテイメント株式会社
  杉浦 鉄平 さま

コンサル事業会社の中で、電話コンサルの位置づけが明確になり、
商品構成の中で循環する情報であることを再認識し、
モチベーションがアップした。

image
お申込みはこちら