まずは、こちらの動画(3分間)をご覧ください!

「電話相談?本当に役に立てられるの?」と思う人は多いでしょう。

・思っていること・考えをうまく伝えられるのだろうか? ・一方的にいいアドバイスをもらっても、電話では受け止めきれないのでは? ・もともと、電話するのは苦手だし…。相談するなら対面でしょ?

初めはそのように感じていた会員さんから、初回セッション直後に
次の感想メールが届きましたので、ご紹介します。(もちろん本人の了承済みです)

image

■ ホームイノベーター 猪狩里恵さま <1回目の電話相談終了後のメール>

今日は本当にありがとうございました。

<中略>

今回、電話顧問サービスを受けるまでは、正直、電話での相談より、
本当は対面式の方がいいのではないだろうか・・と少しだけ不安がありました。

でも、今日の電話顧問サービスは、実際にお会いして
ご相談にのっていただいてるのと変わらない安心感がありました。

往復の交通費や、移動時間を考えるととても効率的ですし、
すばらしい方法だと思います。

本日はありがとうございました。

image

こんにちは。
ビジョナリーパートナーの和仁達也です。

このサービスの、わたしにとっての目的をひと言で言うと、

■ クライアントの 着眼点を変える 手助けをすることで、
  その人のビジネスの 最重要テーマ に貢献して、
  その 変化と成長を継続的に見届け
  かつ 多くの人たちに価値提供 すること

です。

いわば、「どっぷり深く入り込む個別コンサル」と
「幅広く様々な分野の人に情報提供するセミナー」の
両方の良いところ取りの商品をつくれないだろうか?と考えた結果、

■ 毎月1回30分、電話でビジネス相談に乗る
  低額の電話顧問サービス

が生まれました。

2010年8月以降、これをセミナー参加者と教材購入者だけに
告知をして20社におこなってきて、お役に立てる手ごたえを強く感じています。

このサービスをつくったことで、今までならリーチできなかった
人たちの支援ができ、新しい刺激を日々、受けられています。

そこで、2011年からはさらに受け入れ体制を段階的に30社
(企業10社、歯科10医院、コンサル&士業10社)まで広げることを決意。
WEB上での会員募集に踏み切りました。

この会員制電話顧問サービスの詳細は次のとおりです。

会員制電話顧問サービスとは?

開業後数年が経ち、開業当初の目標には到達したが、
このところ踊り場で足踏みしている感じがしている歯科院長に、
マンツーマンの作戦会議を、毎月1回、提供します。

これは、歯科院長としてビジョン・やりたいことはあるが、
「自分に無意識のブレーキをかけてしまう」「堂々巡りして先に進まない」 方が、
プロのコンサルタントの目線 を取り入れることで、

@スタッフや同業者には相談できずに「長引かせている悩み」の解決の突破口を見いだせる Aこれまで先送りしてきた「新たなチャレンジの初めの一歩」を踏み出すきっかけが得られる B「来月(の電話相談)までに結果を出そう」と、行動を起こすモチベーションが自然と湧いてくる

ことを目的に、和仁が毎月1回30分、電話であなたの相談に乗る
低額の会員制顧問サービス
のお知らせです。
さらに メールでの相談にも対応 します。

個別コンサル契約を依頼するほどではないが、
外部の専門家の力をピンポイントで借りたい方へ。

かなりライトで手軽な形で専門家をブレーンに持てます。

歯科院長から寄せられる6つの相談例とは?

例えば、次のような相談が寄せられたりします。

■ 相談例(1)
高度な自費治療を提供しているが、患者離れが怖くて、安い価格をつけてしまっている。
このままでは給料も低すぎて割に合わず、モチベーションが続かない。
どうすればいい?
■ 相談例(2)
医院の方針や目指すビジョンをスタッフに浸透させたいが、話してもピンと来ない様子。
どうしたら、「院長の期待」と「スタッフの意識」のギャップを縮められる?
■ 相談例(3)
当社の財務状態は、プロの目から見て、適正範囲かどうか?
問題があるなら、それはどの程度か?の目安を聞きたい。
■ 相談例(4)
数百万円単位の設備投資や人の採用を考えているが、不安で踏み切れない。
見落としている点はないか?また、売上をどれだけ増やせば収支が合うか?
■ 相談例(5)
初診カウンセリングを導入しているが、メンテナンス患者数が増えない。
どこに問題があるのか?また、改善策は?
■ 相談例(6)
親の死により、十分な引継ぎもなく後を継いで社長になったが、
古参社員との間に壁を感じる。腹を割ってつきあうには?

など、毎月その時点であなたがもっとも関心の高いテーマについて、
「患者目線」「スタッフ目線」「院長目線」からたくさんの質問を浴びながら
次の一手を見いだす30分1本勝負
です。

今の時代、経営ノウハウや手法は、セミナーにいけば手に入ります。

問題は、そこで学んだことをどう実際の医院経営にとりいれ、軌道に乗せていくか です。

そこで「足踏みして次に進めず時間だけが過ぎていく」ことがないように、
身近にブレーンをおいてみてはいかがでしょうか?

次に、当サービスの詳しいご説明を、順を追ってさせていただきます。

このサービスで会員が得られる成果

経営者としてビジョンややりたいことはあるが、
「自分に無意識のブレーキをかけてしまう」「堂々巡りして先に進まない」 方が、
毎月1回 プロのコンサルタント目線 を取り入れることで、
冒頭にお伝えした通り、次の3つの成果が得られます。

@スタッフや同業者には相談できずに「長引かせている悩み」の解決の突破口を見いだせる Aこれまで先送りしてきた「新たなチャレンジの初めの一歩」を踏み出すきっかけが得られる B「来月(の電話相談)までに結果を出そう」と、行動を起こすモチベーションが自然と湧いてくる

また、セミナーや本で 「やるべきことや情報、ノウハウはわかったが、
どう自社に落とし込めばいいかわからず、ちっとも進まない」
人にも、
きっと力になれます。

このサービスの特徴

最大の特徴は、
和仁の あらゆる角度から次々に投げかけられる質問の幅と深さ にあります。

コンサルタント歴13年、歯科業界に深く関わり始めて12年の
ジェットコースターに乗ったかのような、バリエーション豊かな質問のシャワーと、
そこから得られるひらめきをお楽しみください。

毎回1つの相談に対して、あらゆる角度から掘り下げて、
はじめの一歩を導き出します。

もし、「今月は、特に相談することがない」場合には、
俯瞰した目線で、もっとも関心の高い重要テーマについて、
フリートークすることも。

リラックスした雑談の中に、思いがけない気づきが
もたらされることもあります。
また、電話顧問会員限定で、顔を合わせての少数限定のオプション企画
もおこなう予定です。
(ちなみに昨年12月には、私の常宿である清里高原の某ホテルで、
 自然に囲まれてビジョン合宿を行い、大変好評をいただきました。
 ⇒ その様子はこちらです

このサービスに価値を感じていただける対象者

次のような方に、お勧めのサービスです。

  □ 歯科医院をさらに飛躍させるために、専門家(和仁)の視点やノウハウ、
    知識、経験を積極的に活用したい 方にピッタリです。

  □ 歯科医院経営に携わる、向上心の高い院長が対象です。
    (チェア3台からチェア10台以上の大型歯科医院まで)

  □ 電話顧問サービスに申し込む前に、和仁の著書や教材、
    セミナーなどをご覧になることをお勧め します。
    それによって、専門家が世にたくさんいる中で、
    「なぜ和仁に相談したいのか?」「何を得たいか?」がクリアになり、
    電話相談において、必要な情報をピンポイントで入手しやすくなるからです。

    できましたら、日本全国の歯科医院の10件に1件の割合で読まれている
    「キャッシュフロー経営って?」(デンタルダイヤモンド社) を事前に
    お読みいただくことをお勧めします。

    歯科医院がビジョンとお金を両立させる考え方がわかると共に、
    和仁の効果的な活用法を理解いただけると思いますので。
 

逆に次のような方には、このサービスはそぐわないと思います。

  □ 自分の頭で考えることを避け、「和仁さんになんとかしてもらおう」という他人依存的な方。

  □ 人からアドバイスを受けても、「そうは言っても・・・」と否定するクセが強く、行動に移らない方。

価格(月会費)について

和仁の個別コンサルティングやセミナー、講演などの報酬は1回30万円以上をいただいていますが、
これは時間単価6万円を基準に設定しています。
(これは、お客さまが受け取る価値や弊社が投入する労力などをトータルで考慮して決めています)

それに比べて、この会員制顧問サービスは
30分の電話相談にメールでの質問対応(無制限)もついて月額27,000円(税込)(25,000円+税) と、
かなりリーズナブルな設定にさせていただいています。

その理由は、相談内容はケーススタディとしてブログなどで公開させていただく
(もちろん本人が特定できない配慮をする前提で)ので、
和仁にとっては一次情報のリサーチ・学びの機会となるからです。

世の中の多種多様な歯科院長がどのような悩みを抱えているか、を
肌で感じ取る機会は貴重なものと考えています。

会員さんは、セミナーや教材などに投入している予算から、
月額27,000円(税込)(25,000円+税)をこちらに振り替えることで、
一般的な知識の習得にとどまらず、
「自分のため」の課題を解決する情報や発想を入手できる
ことになります。

月1回30分という時間を、ベストな意思決定をできるよう、
和仁を「社外にいる経営幹部」として活用
してはいかがでしょうか。

とは言え、和仁が直接相談に対応できる数には物理的に限度があります。
そこで、現在は他の業務との兼ね合いをみて、
対応可能な範囲内で、若干名のみ先着順でお受けしています。
(状況に応じて、新しい受入体制が整うまで募集を締め切ることがあります)

電話相談のアポ入れから相談当日までの流れ

@ 初回は事前に事務局から電話相談日の候補(3日程ほど)をメールにてお知らせ。 A そのメールの返信に、「希望日時」と「相談内容」を入力して送信いただく。(相談内容は、電話相談前日まででも結構です) B 電話相談の日時を調整・決定し、弊社からメールにてお知らせ。 C 相談日、弊社指定の電話番号(又はスカイプ)にかけていただければ、和仁が出ます。 D 電話相談の最後に、来月のアポ日時を調整します。

申込の流れ

@ 下記の申込フォームに必要事項を入力し、送信いただく。(これで申込は完了) A 6カ月分の会費(税込162,000円)を銀行振込み(一括前払い)にてご入金いただく。(振込み先は、後日弊社より発行する請求書(PDFファイル)に記載されています)※分割払いにも対応可能ですので、必要があればご相談ください。 B 途中退会はメール1本でいつでも可能。その際は、未消化期間の会費分をご返金します。

予めご了解いただきたい2つのこと

@ 電話相談は、月1回30分まで。

限られた時間ではありますが、その1カ月の間でもっとも重要なテーマを掘り下げて議論し、
結論を出すには、ちょうど良いペースだと考えています。
 

A ご本人が特定できないよう表現の配慮をする前提で、

ご相談内容をQ&Aの事例としてブログなどでシェアすることがあります。
それは、このサービスを活用される方にとって、
「他の人がどんな相談をしているかを知ることで、何を相談していいかがわかる」
「他人の悩みから自分の悩みの解決のヒントが得られる」
などが目的
です。

最後に、会員制電話顧問サービスの詳細をまとめます。

■ 会員制電話顧問サービスの詳細

内容: (1) 月1回30分、和仁に直接、電話(Skype)でビジネス相談をしていただきます。
   ※ 初回は前月末に、弊社から電話相談日を3日程メールにてお知らせし、
     日時調整の上、指定の電話番号(またはSkype)にご連絡いただきます。
(2) メールでの相談は無制限に可能です(多少、返答に時間をいただく場合あり)
期間: 申込日の翌月から半年間
月会費: 27,000円 (税込)(25,000円+税) 
6ヵ月分(162,000円)を指定の銀行口座に一括前払いにてご入金 いただきます。
退会: メール一本で、いつでも退会が可能です。(前払い未消化分はご返金します)
◆お申込みは簡単!下記の入力フォームに入力し、申込ボタンをクリックするだけ。

あなたとビジネス飛躍の作戦を電話(スカイプ)でお話しできるのを楽しみにしています。

(株)ワニマネジメントコンサルティングビジョナリーパートナー 和仁達也

追伸、
ご不明な点や質問がありましたら、下記からメールにてご遠慮なくどうぞ。

また、「関心はあるけど、もう少し詳しく説明を聞きたい」方や、
「どんな感じで30分が進むのか?」
「自分にこのサービスはうまく活用できるか?」
と疑問や不安をお持ちの方には、随時おこなっている無料電話説明会(※)をご利用いただけます。
(※ 事前に日時の予約をした上で、和仁本人があなたの状況を電話でお聞きします。
   このサービスをどのように活用すれば、あなたにとって有益かを一緒に考えます。時間は15分程度です)

ご希望の方は、本文の冒頭に
「電話顧問サービスへの質問」または「電話顧問サービスの無料電話説明会希望」
と書いて、お問い合わせください。

追伸2、
すでに電話顧問サービスを体験された歯科院長や病院長から
感想の声をいただいているので、その一部をご紹介します。(ご本人の了解済みです)

image

■ アルファデンタルクリニック 神野剛良さま <半年後にいただいたメール>

◎ 電話相談で得られたものはなにか?

こちらから投げた、困っていることに対する和仁さんからの解答が、
次のステップへ導いてくれるものだったのが良かったです。

私は歯科医師で歯科医院を開業して3年目なのですが、
和仁さんに出会ったのが8年前でしょうか。

そのころ漠然と考えていた開業という物を、
数年後の自分を想像して答えを探すやり方を教えてもらいました。

特に「脱★ドンブリ経営 」これが自分のやりたい開業スタイルだ!
そう心から叫び続けました。

そういった大きく影響を受けた人からワンツーマンで悩みを聞いてもらえるのは非常に価値のある物でした。

自分でも色々と勉強しているつもりでも、
第三者の適任者からのするどい突っ込みは、
自分ヨガリで終わる日常の経営スタイルを良い方向に変えてくれます。

Skypeのテレビ電話で和仁さんの顔を見ながらお話しできたのもよかったですね。
これこそ子供の頃思い浮かべていた、21世紀の出来事ですね。

◎ 半年前と後で、どのような変化があったか?

いままで1人で考えていたのですが、困った事があったら
自分で考えずに和仁さんに聞こう!(笑)

ブルーワーカーで半年で腕周りが3センチも太くなったぐらいな
劇的な変化はありませんでした。そうそう自分で和仁さんみたいに、
物事を鋭く、しかも視点を変えてみる事はできません。

いいんですよ、それを仕事としている人に聞けばいいんですから。

こういうのは必要な事だとわかり、
今後もお願いしますと思えるのが変化したことでしょうか。

image

image

■ A歯科医院 院長さま <半年後にいただいたメール>

お世話になっております。

前回の電話コンサルで和仁さんに教えていただいたポイントを整理して、
新たに補綴コンサルを始めました。

翌日9日より私とスタッフの一人が、時間をとり下記に注意してお話をしました。

5人にコンサルをして、3人がその場で自由診療に決定し、
残りの2人は保留という結果です。

決定したお一人は今回の治療の部位だけでなく、
今まで保険診療でやっていた歯(パラ等の銀歯や欠損部の補綴)を
すべて自費診療でやり直して欲しいとまで言っていただきとても嬉しい気持ちです。

良い結果がでて喜んでおります。和仁さん、ありがとうございました。

これからは、もう少し多くの方にコンサルができればと思います。

明日の月曜日には長めにミーティングの時間をとり、
自費診療、保険診療をどうとらえているかとスタッフに
考えてもらい(宿題にしてあります)それぞれの意見を発表してもらう予定です。

そこからスタッフの自費診療にたいする心理的マイナスをとりのぞき、
「自費診療が患者さんのためになる」
といった医院の方針をスタッフに浸透させたいと考えています。

当院は受付を始め、今年採用のスタッフもおり、
また医院の考え(理念?ヴィジョン?)をはっきりさせていないという
院長の怠慢もあり自費診療をよく理解できていない面があります。

コンサルを担当してくれるスタッフには、
コンサルの内容を下記のように変えてやってくれるように説明しました。

前回、和仁さんにご指導いただいた内容は、
このようなこと(下記内容)と理解しておりますが、いかがでしょうか?

間違って解釈していたり、足りない点等ありましたが、
ご指導よろしくお願いします。

ありがとうございました。またよろしくお願いします。
(以下、省略)

image

image

■ 医療法人ブレイン 長谷川嘉哉さま <半年後にいただいたメール>

◎ 電話相談で得られたものはなにか?

起業して13年目で、ステージを変える一つのきっかけになりなりました。
頭の中では、いろいろな考えがあったのですが、系統だっていませんでした。

毎月、電話相談に望むにあたって頭を整理することができました。

さらに、和仁さんの的確な質問に答えていくうちに、
頭の中がさらに整理され目標が明確化されました。

◎ 半年前と後で、どのような変化があったか?

頭の中が整理され目標が明確化されると、半年という短期間で、
いままで実現しなかったものが、不思議と実現するようになりました。

具体的には、

(1) 2冊目の出版の実現
(2) 3冊目の出版のオファー
(3) 医療法人の顧問就任
(4) 日経トップリーダの取材
(5) 医療・介護以外の業種からの講演依頼

など、まるで12年間の積み上げてきたものが、一気に花開いたようです。

正直、電話相談は、月1回和仁さんと話ができれば良いという程度に考えていました。

しかし予想以上に、多くの成果を得ることができました。
今後も、月1回の電話相談は継続していきます。
今後ともよろしくお願いします。

image