⇒どのように、「税理士の相場感」から脱却し、納得の報酬を得るのか? ⇒どのように、数字を起点に経営者の相談に乗り、社長の信頼を得るのか? ⇒どのように、税務顧問料とは別にコンサル報酬やセミナー報酬を得るのか? ⇒どのように、理想の顧客を引き寄せるのか? ⇒どのような順番で、報酬アップや紹介獲得を実現するのか?

その答えが、キャッシュフローコーチ®・メソッド。 「クライアントの信頼」「納得の顧問料」「安定的な紹介」 がすべて手に入ります。

まずはこちらの動画をご覧ください。
養成塾の講義内容、参加者の方々、最終回の成果報告(6人)の3分間のダイジェストです。

こんにちは。ビジョナリーパートナーの和仁達也です。

さっそくですが、先日わたしの塾生の士業(司法書士)の方から、
「顧問契約の解除を宣告されたが、一瞬で挽回して、
 よりいっそうの信頼を獲得した」

という、コンサル&士業として、とても興味深い話を聞きました。

しかも、
彼がその会話の中で社長にあるアドバイスをしたところ、
そこの顧問税理士は報酬を半減させられてしまいました。

これは、早く本論に入ってほしいという人は読み飛ばしてくださって結構ですが、
本筋がよりリアルにイメージできる良い実例です。

では、その司法書士が社長とどんな会話をしたのかを、これから紹介します。

実はその司法書士は、ある日突然、社長から顧問契約の解除を言い渡されました。

彼は去る者は追わずの主義のため、それを受け入れたのですが、
10日ほど経った頃、社長から電話があったそうです。

「先生、会社の将来のことを考えると、夜も眠れません。
 会社の整理の仕方とか会社の事業譲渡の仕方を教えて欲しい」

以下は、その翌日に彼が社長と行った会話です。みなさんの周りで、
これに似たケースはないか、イメージしながら読んでみてくださいね。

image

士業
「で、具体的には何がどう心配なんですか?」
社長
年間300万円ほど私の個人のお金を会社に入れている状況が続いています」
士業
「それで税理士さんと社労士さんに、司法書士の顧問の解除・店の電気をこまめに消すこと・年中無休から週1回の定休日を設けることで経費節減ができるとアドバイスを受けたわけですね」
社長
「はい、そうです。」
士業
「司法書士報酬が年間36万円、電気を消すことで年間数万円、アルバイトの人件費が1日あたり5人で2万円、年間48週として年間48日分の人件費96万円が浮く計算ですね。これでは年間150万円にも満たないですよね。
 ましてや48日間休みが増えるということは48日間分の売り上げが減るということですよね。それも計算に入れていくと、このアドバイスだけでは300万円の穴埋めは到底できないし、当然、社長の悩みも解決されないと思いますが、いかがですか?」
社長
「私も、そう思います。」
士業
「電気をこまめに消すことも塵も積もれば山となりますから疎かにしてはいけないと思いますが、何か収益をあげる方策を考えないと。会社整理も事業譲渡もその後の話です」
社長
「カフェレストランでは、毎日午後2時~午後6時までがアイドルタイムでお客の入りが非常に悪く、そこをテコ入れしたいと考えています」
士業
「具体的にはどのように?」
社長
「周りの店に比べて単価が高いケーキを値引きして集客をしようと思っています。」
士業
「なるほど。ただ、値引きをすると売上はあがっても一般的に粗利は下がりますよね。値引きは最後の手段として、むしろ粗利があがる方策を考えませんか?」
社長
「例えば?」
士業
「アイドルタイムだけケーキバイキングにしたらどうですか?500円で売っているケーキと400円で売っているコーヒーの原価はどれくらいですか?」
社長
「うちは手作りだから一番原価率の低いケーキで数十円、同じくコーヒーも数十円ですね」
士業
「例えば、ケーキバイキングにしてケーキ食べ放題+ワンドリンクで980円で出したらどうでしょう?お客の立場からするとケーキを二つとワンドリンクで420円得した気分になりますよね。
 反対に店側の立場では一番原価率の低い商品を食べてもらった場合は粗利が800円ぐらい出ますよね。お互いがhappy happyで最高じゃないですか」
社長
「確かにお客様にも喜ばれて会社も収益が上がるし言うことなしですよね。」
士業
「それから、これをやってもリスクなんてゼロに等しいですよ。掛かるコストはメニュー表を変えるだけ。
 あと、近所に撒くチラシ代くらいかな。新たに新しい商品を開発する費用がいるわけでもないし、仮に売れずに残ったとしても原価数十円のものなら会社の屋台骨には響かないでしょう。」
社長
何かやれる気がしてきました。ワクワクしてきました。
士業
「とりあえず年間300万円の穴埋めをするための年間300万円の粗利を得る計算をしてみましょう。大雑把に年間300万円の粗利を得るために1日あたり1万円の粗利アップをしなければなりません。これを午後2時~午後6時までの4時間で考えてみましょう。
 お客1人あたりの粗利を500円として計算すると1万円の粗利を得るには20人のお客を集客する必要があります。1時間あたりで計算すると5人のお客さんですね」
社長
「これぐらいの人数ならケーキバイキングにしたら余裕で行けそうな気がします」
士業
「ですよね。ぜひ頑張ってくださいね」

image

と、このような内容でその日の話は終わったそうです。
そして1週間後に、再びこの社長からまた電話がありました。

image

社長
「先生の顧問契約を辞める話は無しにします。引き続きお願いします。」
士業
「経費節減しなければいけなかったのでは?」
社長
「経費節減分は、税理士と社労士の顧問報酬を減額してもらうことで捻出します」

image

ここに登場する士業(司法書士・金田宗博さん)は、資金繰りに問題をかかえる社長に対して、
コストを削ることは延命策としてアドバイスしながらも、同時に
いかに売上をつくり、いかに長期的に資金繰りをまわらせるか、
の視点でアドバイスをしました。

その結果、彼は契約解除を撤回され、社長との信頼関係をさらに強化した。

一方の「削るアドバイスしかしなかった」税理士は、
自分の顧問料を削られるという、皮肉な結果となりました。

ちなみにこの話は、わたしの塾生から直接聞いた実話ですが、
このストーリーを読んで、あなたはどんなことを感じましたか?

社長が税理士に求めている本質とは?

わたしは今、No.1コンサルタントスター養成塾をはじめとする場で
コンサルタントや士業に「クライアントに成果を出させるコンサル・スキル」
を教えてきたこともあり、こういうことを勉強している専門家が
今後ますます増えていくのを実感しています。

そして、本来なら経営数字を扱う税理士にこそ この士業のような観点で、
顧問先社長に希望を与える役割 が、
今後ますます必要とされてくると、わたしは確信しています。

つまり、決算書作成や節税対策だけをする通常の税理士とは違い、
「社長の社外CFO(財務幹部)」として未来の数字を見せてくれて、
経営の意思決定をサポート
してくれる存在 です。

しかし、現状を見渡せば、

● 顧客に選ばれる理由を見出せず、新規獲得に悩み、
● 価格競争に巻き込まれて、格安な報酬で働き、
● そのため数を追求せざるを得ず、忙しいのに儲からない構造に陥っている

そんな税理士事務所が少なくないようです。さらには、

「本当はもっと顧問先社長の経営に貢献したい、役に立ちたい」

と思いつつも、

● 社長から経営の相談相手とは見なされていない

ため、その熱意が空回りしている人もいるようです。

しかし、

◎ 本来、「経営に悩みを抱える社長」と「その社長の力になりたい税理士」が
  存在する以上、きっと打開策があるのではないか?

◎ この「ボタンの掛け違い」はどうすれば解消できるのか?

その問いを考え続けた結果、2つの要因にたどり着きました。

税理士の売上が上がらない、顧問先との2つの「ボタンの掛け違い」とは?

1.意欲のある税理士は、マーケティングや人材育成など、およそ税理士の本業の強みが生かしにくい分野で戦おうとして、成果が出せずにいる。 2.そもそも税理士の「相場感」(月額いくらくらいか)や「役割のイメージ」が社長の頭の中で出来上がってしまっている。

詳しく解説しましょう。

1.意欲のある税理士は、マーケティングや人材育成など、およそ税理士の本業の強みが生かしにくい分野で戦おうとして、成果が出せずにいる。

通常の税務関与の他に、“付加価値をつけて報酬アップを目指そう”とするのは良いのですが、
畑違いのマーケティングや営業、人材育成の分野をセミナーで学び、
それをそのまま顧問先に教えようとして上手くいった話は、あまり聞きません。

なぜなら、畑違いの分野なだけに自分が実践していないので、
自信を持ってアドバイスできないからです。
自信がないと、料金をチャージすることができず、無料奉仕となります。

つまり、お金にならない上に役に立てている実感も得られないので、
結局、1年以上続くことがありません。

2.そもそも税理士の「相場感」(月額いくらくらいか)や「役割のイメージ」が社長の頭の中で出来上がってしまっている。

税理士の需給バランスが供給過剰になっている今、
「月額1万円以下」という破格な設定も珍しくなくなりました。

そして、そんな相場感が社長の頭の中で出来上がっている中で、
「税理士相場」と比較されたら、
例えば月額5万円以上を提示した瞬間に「断られる」ことがありありとイメージできるため、
決して望む報酬額を口にすることはありません。

つまり、その相場感は、社長の頭の中だけではなく、
税理士自身の頭の中にも出来上がっている
のです。

では、どうすれば理想的な仕事ができるのでしょうか?

それは先にお伝えした2つの原因から目を背けるのではなく、
ちゃんと受け止めて発想することで、新たな道が見えてきます。

それは次の2つです。

理想に到達する2つの条件とは?

1. 税理士の本業である「経営数字」をつかって価値提供する。→①数字を使って、経営者の意思決定をサポートする ②数字を使って、社長と社員の危機感のズレを縮める 2.「税理士」としてのセルフイメージを再構築する。→「税理士」から「キャッシュフローコーチ」へ。

少し解説しますね。

今、社長が求めているのは、「削るアドバイスしかしない税理士」ではなく、
「社長が見落としていた盲点に気づかせてくれる税理士」ではないでしょうか。

わたしが18年前に経営コンサルティング会社を起業したときに目指したのは、

「社外にいるけどナンバー2のポジションで、
 社長のビジョン実現を応援すること」

でした。
それを「ビジョンとお金を両立」させながらサポートすれば、
きっと多くの経営者の力になれるのではないか。

そんな仮説を元に27歳で独立し、
独立当初は月額15万円だった顧問料は今では月額30万円以上となり、
平均して5年以上の長期契約が続くパートナー型コンサルティングの
「あり方」と「やり方」を確立して、今に至ります。

そしてそのノウハウを教えて欲しいというコンサルタントや士業に対して、
遠藤晃先生とのNo.1コンサルタントスター養成塾では、
3ヶ月で30万円という高額講座にも関わらず、
5年で350名以上が参加し、塾生さんからは卒業を待たずに

「報酬が3倍になりました」
「新規受注が過去最高です」

などの成果報告をもらえるようになりました。

そして多くの税理士、社労士、コンサル、コーチと接してきて、
「経営数字を起点に、社長の相談に乗るパートナー」という役割は、
税理士こそがもっともふさわしいポジションにいると、
わたしは次の2つの理由で確信するようになりました。

わたしが税理士に伝授したい理由

なぜなら税理士は、社長にとって

【1】自社の経営数字をもっともタイムリーに把握できる

という、極めて限られた存在であり、しかも

【2】毎月定期的に社長と会えるポジションにいる

からです。

つまり、先にお伝えした「ボタンの掛け違い」さえ解消できれば、
社外にいるけどナンバー2、社外CFO(財務幹部)の役割 を果たし、
社長の信頼を得て、納得の報酬を受け取りながら、
紹介もコンスタントに得て、充実したビジネスライフを送ることができるのではないか、
と考えるのですが、いかがでしょう。

さてここで言う、
「社長の社外ナンバー2」とは何をやる人か?というと、
大きくは次の2つです。

社長の社外ナンバー2、社外CFOの役割とは?

1.社長が納得の意思決定をするための数字の面からの裏付け役

たとえば、

【1】固定費や借金の返済をして、お金が回る最低必要な売上目標をはじき出す

【2】新たな投資をする際に、必要な売上額や投資回収のシナリオを社長と一緒に描く

【3】適切な人件費の上限や借入の上限額を一緒に見出す

【4】必要な粗利や利益をつくるための具体的な視点を投げかける、など

2.社長と社員の危機感のズレの解消役

たとえば、社長に代わって社員に対して、

【1】給料・ボーナスを増やしたければ、
    会社の粗利を増やす働き方をすべきであることを説明する

【2】この夏のボーナスがなぜ前年比ダウンなのかを社長に代わって
    第三者的に社員に説明する

【3】今の会社の置かれている状況が、
    決してラクではない(かと言って、倒産の心配をするほど酷くもない)
    ことを専門家の立場から伝え、危機感を共有させる、など

image

そこで、このたび

「社長の社外CFO(財務幹部)として、
 数字を起点に経営の相談にのるパートナー」を

「キャッシュフローコーチ®」と定義 し、
その「あり方」「やり方」そして「具体的なツール」を提供する
6ヶ月の養成塾をスタートすることにしました。

キャッシュフローコーチ®養成塾とは?

数字を使って経営の意思決定をサポートすることで、社長の社外CFO(財務幹部)として頼りにされ、顧問先からの紹介が増えて、客単価がアップし、顧問先の成果に関わる「あり方」と「やり方」の秘訣を余すところなく伝えます。

税理士にとって「マーケティング」「営業」「人材育成」などの畑違いな分野ではなく、
本業ど真ん中の「経営数字」をつかって顧問先の本業の発展に関わり、
納得の報酬を得ながらコンスタントな新規顧客の紹介を獲得する方法を公開します。

対象者は、顧問先を10件以上持ち、すでに十分食べていける収入はあるが、
既存の税理士業務のあり方に疑問を持っていて、
付加価値を高めて次のステージに飛躍したい方
を対象にした講座です。

講師は、コンサル報酬が月額30万円以上で、平均8年、最長18年の長期契約が続く、
「ビジョンとお金を両立させる専門家」の和仁達也による少人数・密着型の養成塾です。

photo
和仁 達也(わにたつや) プロフィール

1972年生まれ。
ビジョンとお金を両立させる専門家。経営コンサルタント。

名古屋大学農学部で、木製廃材の強度を研究していた4年生の春「いつか経営者になりたい」という自分の思いに気づき、急きょ方向転換。新聞すら読まない経済音痴ながら経営コンサルティング会社に入社。先輩・上司から徹底的にしごかれた末に、99年1月に27歳で(株)ワニマネジメントコンサルティングを起業。月給25万円のサラリーマン時代から一転、月額30万円以上の顧問契約先がだんだん複数社になるなどして、実績を積んできた。

単なる情報提供ではなく、クライアント目線からの経営支援が信頼に結びつき、コンサル業界では顧問契約年数が通常1年未満で終わると言われる中、平均5~7年、長い顧問先では10年以上に及んでいるのが特徴。

「難しいことを、わかりやすく楽しく」解説する能力を高く買われ、品川女子学院(高校)にて「ビジネスと生活で使えるお金の授業」を担当。大反響を得て、テレビ番組『カンブリア宮殿』でも紹介された。全国各地で講演やセミナー活動も行い、成長意欲の高い起業家や歯科医院長、コンサルタントからの支持が強い。

著書に、発売2ヶ月で5刷・2.7万部の「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」「コンサルタントの対話術」(共に、かんき出版)、15刷・8.9万部のロングセラー「世界一受けたいお金の授業」(三笠書房)をはじめ、「脱★ドンブリ経営」(ダイヤモンド社)、「夢現力」(ゴマブックス)ほか多数。ちなみに31歳のときの処女作「キャッシュフロー経営て?」は歯科専門出版社から4,200円という異例の高価格で出版されたにも関わらず、全国の歯科医院の10件に1件の割合で広く読まれている。

image

さらにこの養成塾は、三井住友海上あいおい生命(MSA生命)
とのジョイントで進めます。

MSA生命さんとこれまで一緒に仕事をしながら分かったことがあります。

それは、彼らは従来の保険会社にありがちな
「接待漬けでしがらみをつくる関わり」ではなく、「税理士の本業発展に関わり、
結果として必要な保険を提案することで、中小企業の資金繰りや資産運用に貢献する」
というスタンス
で仕事をしている、ということです。

この姿勢に共感し、今回タッグを組ませていただくことにしました。

中小企業の新規開拓で強みを持つMSA生命さんの
現地の営業社員とジョイントできれば、参加者は、例えば
「専業の保険代理店の勉強会で、
 セミナー講師としての練習の場をセットしてもらえる」
「関与先で保険の見直しの必要性が出てきたときに、フランクに相談できる」

などのメリットが得られます。

実はこの養成塾は、2013年の6月から極秘プロジェクトとして
第0期を東京でスタートしました。

その成果は、養成塾をやっている6ヶ月の間に、
「すでに顧問税理士がいる会社にセカンドオピニオンでの新規契約を受注」
「既存の税務顧問先にキャッシュフローコーチ契約を追加で受注」
「お金の公開セミナーをジョイント開催して、参加者を個別相談につなげて契約を受注」
を達成する塾生が続出しています。

しかも、養成塾期間中に、この塾の参加費の全額回収を修了前に確定した人が
15名の参加者のうち過半数に及び、参加者の8割が1年以内に全額回収を確定している
点も、
主催者としてうれしいことです。

さらに2014年には1期生を東京と大阪で同時開催して、新たに38名が加わり、
2015年度にも、2期生を開催し、東京と大阪で60名が、そして
2016年度の3期生では、東京と大阪で66名がそのメソッドを習得。
やはりいずれも養成塾期間中に、塾生の60%超が参加費の全額回収を確定しました。

そしていよいよ2017年から第4期を東京と大阪で同時開催できることを、
わたしは楽しみにしています。

さて、この養成塾で得られるノウハウと成果は次の通りです。

この養成塾で得られる成果とは?

①顧問先社長と「数字を起点に経営の相談に乗るスキーム」が手に入り、重要な意思決定の際に相談を持ちかけられる存在になる方法がわかる ②契約メニューを複数化して、自動的に顧問料が3~5万円上がる仕組みがわかる ③税務顧問ではなく、セカンドオピニオン的位置づけで新規顧客から受注できる手段を手にできる ④既存先に対して、社長に代わって社員にお金の話をしたり、社内勉強会などの講師としての第三者的関わり方で、税務顧問の上にオプション受注ができるシナリオがわかる(1回4万円×3回or月2~3万円以上のアップ)。 ⑤既存先からの満足度と信頼感が高まり、紹介が増える方法がわかる(新規開業先or今の税理士への不満先) ⑥経費見直しによるコストダウンや、融資の借換による金利ダウン等での成功報酬が得られるトークの流れを習得できる ⑦集合セミナー(第5回)に顧問先を連れていけば、キャッシュフローコーチ®である自分のポジションを講師の和仁にTアップしてもらえる ⑧この企画のジョイント先である三井住友海上あいおい生命の現地の営業社員とジョイントできれば、「セミナー講師としての練習の場」が得られるので、セミナー開催経験がなくても、はじめの一歩を踏み出せる

さらに、全6回の講座のカリキュラムは次の通りです。
(塾生の成果を考慮し、変更の可能性があります)。

全6回の講座カリキュラム

第1回 税理士の既成概念を超越する!セルフイメージの再構築

税理士ならではの強みを活かしつつ、「税理士の相場観」に支配されない
キャッシュフローコーチ®としての新しいセルフイメージ を確立します。

第2回 顧問先のお金の不安を解消してヤル気にさせる!キャッシュフローコーチングの極意

和仁が18年間、コンサルの現場ですべてのクライアントに対して使い続けてきた
キャッシュフロー計画表の活用法 を伝授。
社長のありとあらゆる経営上のお金にまつわる相談に乗れるようになります。

第3回 「社員向け」お金のセミナー実践法

社長に代わって、社員に

自分の給料はどこから生まれているのか?(=粗利から)」
給料を増やすためにはどんな働き方をすればいいか(=粗利を増やす働き方)」
利益はなぜ必要か?(社長の懐に入っているわけではない!)」

など、会社のお金の流れと社員の給料の関係をわかりやすくレクチャーする
セミナー術、具体的なトーク を和仁が実演。
参加者は、さっそく顧問先でそのまま使えます。

第4回 ジョイントベンチャーの構築と「公開型」お金のセミナー実践法

他人のコンテンツで セミナーやコンサルをして成果を出す方法 を伝授します。

ならびに、コンテンツメーカーとマーケット(リスト)ホルダーが
ジョイントすることで、客数や売上は倍増

そのための具体的なステップがわかります。

第5回 あなたをキャッシュフローコーチとして顧問先に再定義する!脱★ドンブリ経営・特別セミナー

顧問先の社長を同伴して和仁のセミナーを一緒に受講します。

その壇上で、講師から
「たった2割の知識で経営において8割OKとなるお金の話」と共に、
「社長がキャッシュフローコーチングを受ける意義とメリット」を伝えます。

つまり、顧問先社長にとって、あなたを税理士としてではなく、
キャッシュフローコーチとしてどう活用すればよいか を語ることで、
あなたをTアップします。

第6回 キャッシュフローコーチ実践アクションプランの策定と成果発表会

半年後の来年4月までに、どんなアクションを起こし、どんな成果を出すか。
養成塾終了後、6カ月のアクションプラン をつくり、はじめの一歩を踏み出します。

さて、みなさんの中にはこんな疑問が浮かんだかも知れません。

「税理士でもない和仁が、なぜこの養成塾を教えることができるのか?」

これはもっともな疑問ですね。
わたしは財務や会計のプロであるみなさんに対して、
いまさら会計を教えるつもりはありません。
また、教えることなど何もないと思います。

 

では、わたしがみなさんに価値提供できるのはいったい何かというと、

photo
和仁がコンサルの現場で使用しているツール。
経営者がわかるように表現してある。

これまで別個の目的であつかわれてきた
「数字」と「コーチング」を結びつける
ことで、新たな価値をつくるノウハウです。
つまり、

「経営数字をつかって、
 社長の役に立つ“コミュニケーション法”
 と効果実証済みの“ツール”」

であり、

「みなさんのセルフイメージを一段上に引き上げるための“仲間と環境”」

です。

この養成塾のカリキュラムをマスターしたみなさんに実践して欲しいこと、
そしてその結果もたらしたい理想の姿は、次の通りです。

image

photo

毎月の巡回監査の際に、社長と30分以上、
「キャッシュフロー計画表(塾の中で使い方を
レクチャーします)」を見ながら、
経営の意思決定に関わる会話をしている。

それによって、
社長は「漠然としたお金の不安」から
解放され、「何をどの程度やればいいか」
が明快になり、本業に専念
できる。

image

image

photo

給料やボーナスは社員に
「当たり前に与えられる権利」ではなく、
「稼いだ粗利から分配されるもの」であり、
自らの報酬は自らの努力で
獲得すべきものであることを、
社員向けセミナーで
「社長に代わって第三者的に」教えている。

それによって、
「“稼ぐ義務”を果たさず“もらう権利”ばかり主張するような
 赤字社員を未然に防ぐ」ことができ、社長のストレスが大幅に軽減
する。

image

image

ボーナス月の7月、12月、そして決算月の年3回、社員向けに30分程度、
社長に代わって第三者の専門家として業績達成度の報告と今後の見通しの話をしている

それによって、
「社員のガンバリは評価しているものの、まだ業績に反映していないため、
 ボーナスをもっと払いたくても払えない社長の葛藤や罪悪感」が解消
され、
社内に前向きな雰囲気を生む。

image

image

そして、それらの 貢献に見合った報酬を
堂々と請求できるためのトークとマインド
を身につけている。

image

もしかすると、みなさんの中にはこんな疑問を持たれた方もいるかも知れません。

「そんなに効果的な方法なら、何もライバルを増やすようなことをしないで、
 和仁さんがこっそり一人でやっていれば、安泰なんじゃないですか?」

たしかにそんな考え方もあると思います。

ではなぜ、わたしが今回の養成塾を決意したのか、をお話ししましょう。

わたしのミッションは、18年前の独立当初から一貫して、

「自分のビジョンを実現しながら、
 仲間やクライアントのビジョン実現を応援する」

ことです。

そして、独立して10年が経った頃から、そこにもう1つの言葉が加わりました。
それは、

「そして、生涯を通して“価値提供の範囲”を最大化する」

ということです。

40代前半のわたしがビジネスに心血を注いでフル稼働できるのは、
長くてもあと30年と考えています。
その中でも、気力体力が充実した納得のいく状態で走れるのは、
おそらくあと20年弱でしょう。

つまり、
「残り20年でどこまで自分の価値提供の範囲を最大化できるか?」
が、わたしにとってのテーマなのです。

これまで一般企業のほかに歯科業界、コンサル業界など業界の枠を超えて、
あるいは国の枠を超えて価値提供する道を探りながら、ビジネスを楽しんできましたが、
ここで最低でも5年スパンで取り組みたいのが、
「経営者のビジョン実現化をサポートする“社外幹部づくり”」
というテーマです。

そして、その役割として最適なポジションにいる税理士の中でも、
コミュニケーション力が高くて、わたしの考え方に共感してくださる方を
継続的に関わっていける仲間として、この養成塾にお迎えしたいと考えました。

よって、誰でも無条件で参加を誘うつもりはありません。
この養成塾に参加いただきたいのは、次の3つの条件を満たした方です。

キャッシュフローコーチ®養成塾の参加対象者

1.この養成塾で成果を出す人とは?

成長意欲が高くて、経営者のパートナーとして(節税対策だけでなく)数字を起点に
経営の相談相手になりたい「即実践体質」な税理士。

※「即実践体質」とは、
 「脱・完璧主義でどんどん動く素直さ」
 「1回や2回上手くいかなくても改善を重ねてやりとげる強い思い」
 「facebookやメール等の早いレスポンス」

  の3つを備えていること

2.養成塾の学びを即現場で実践できる人とは?

顧問先を10件以上持ち、黒字で、すでに十分食べていける収入がある 税理士。

3.養成塾に価値を感じる人とは?

価格競争、断固拒否!
既存の税理士業務のあり方に疑問を持っていて
付加価値を高めて次のステージに飛躍したい税理士。

(なお、基本的に税理士を対象にしていますが、経営数字を使ってコンサルをしたい
 コンサルタントやFP、社労士などの士業の方にもご参加いただけます。
 塾生の4割は税理士以外のコンサル・士業です

この養成塾の先に和仁が見ているビジョン

先にもお話ししたように、この養成塾は、
数字を起点に経営者のビジョン実現化をサポートする“社外CFO”、
すなわちキャッシュフローコーチ®養成の場ですが、
さすがにわたしも、誰でもこれができるとは思っていません。

なぜならこれは単に知識やノウハウだけではなく、
相応のコミュニケーション能力や高い志が不可欠だからです。

よって、全国に約7万人の税理士がいる中で、おそらく1−2%程度だと見ています。
つまり、全国に1,000人のキャッシュフローコーチ®を生み出すこと
当面の目標に置いています。

わたしのイメージ通りにいけば、この講座が来年以降も続き、
ある時点からはわたしは講師から降り、やる気と能力のある塾生に
キャッシュフローマスターコーチ」として、講師を務めていただきます。
その時、わたしは「マスターコーチのサポート」にまわります。

47都道府県のすべてのキャッシュフローコーチ®が活躍している状態ができたら、
そのようなサポートを必要とする社長がアプローチできるよう、
ポータルサイトをつくり、お見合いできる環境を整えます。

また、「キャッシュフローコーチ®」の活用の仕方を
顧問先社長にイメージしてもらうため、わたしがセミナーを開催します。
そこに顧問先を連れてきてもらえれば、わたしが皆さんをTアップします。

つまり、
「税理士として」ではなく、「キャッシュフローコーチ®として」
みなさんを再定義します。

当然、関連書籍の出版も考えています。
社外にいるけどナンバー2というポジションを身近に持つことが、
社長にとってどんな価値をもたらすのか、を直接的、間接的に啓蒙していきます。

このようなビジョンを実現するためにも、
今回の第4期生が成果を出すことは、わたしにとってマスト(必達)です。

したがって、わたしも真剣です。

この6カ月の間は、
講義以外にもメールやfacebookでの相談は無制限に受け付けます。
講義で学んだことを実際にやってみると、
思わぬ壁にぶつかったり、悩むことが当然として起こるからです。

また、講義中はもちろんのこと、その後の延長戦(懇親会)でも
個別の相談を受け付けますし、録音もOKです。
繰り返し聞いて、体に染み込ませてください。

さて、それでは日程と参加費についてご説明します。

この養成塾の参加費、日程、定員について

キャッシュフローコーチ®養成塾の参加費をご説明します。

そこには 6カ月間の、3時間×計6回の講義、毎回の収録音源、
現場で使えるコンサル・ツールや資料の使用権、
メールやfacebookでの相談対応がすべて含まれます。

和仁のコンサル報酬が月1回の訪問で30万円以上であること、
そして、そのコンサルの現場で実際に使っているノウハウを
データで提供して再現性を持たせていることを考えて、
その投資額が高いか安いかご判断いただければと思います。

その参加費は、496,800円(税込)です。(税別460,000円)

和仁の個別コンサルティングで言うと、約1ヶ月半の報酬相当になります。

しかし、今回は前述したとおり、
10年スパンで取り組むプロジェクトの立ち上げ段階である、記念すべき第4期です。

過去4年間ですでに成果が出ることは実証済みですが、そうは言っても
このキャッシュフローコーチ®養成塾、そして協会の歴史は、まだ始まったばかり。
第4期生のみなさんと一緒にこれから成果を出してつくり上げていく色合いが強くなります。

そんなわたしの思いに共感し、
賛同していただける開拓者精神の高いみなさんへの感謝の意味で、
第4期生に限り、特別価格を用意しました。

キャッシュフローコーチ®養成塾・第4期生 496,800円→475,200円(消費税込)※税別440,000円

次回以降は、この価格は引き上げる可能性がありますので、
これは 第4期生のみの特別価格 です。

・・・とは言っても、475,200円という金額は、
簡単に決断できる価格でもないはずです。

「これと同等額の講座に参加した経験がない」あるいは、
「前に参加経験があるが、あまり価値を感じなかったので、今度は損したくない」

と感じている方々も多くいることと思います。
そこで、過去の参加者のみなさんに、養成塾終了後に次のように尋ねてみました。

image

「キャッシュフローコーチ養成塾に実際に参加した今だったら、
 この養成塾の価値はいくらの価格が妥当と感じる
でしょうか?
 「差額を払って」とか言わないので(笑)、
 現実的なところで正直に教えてください。また、その理由も」

image

この質問をしたところ、全員が参加費以上の金額を回答 されました。
その中から一部をご紹介します。

image

100万円
→ 投資回収の問題ではなく、自分がこの半年間で
数年分以上の成長をすることができたと感じたから。
210万円
→ 養成塾中に確定した報酬だから。
これからは全て利益になるためです。
50万円
→ 投資の回収を目指す上で、
目標としていい数値だと印象を受けたためです。
170万円
→ 初期投資でトントンでも、
ノウハウの蓄積、顧客生涯価値を考えると、
確実に今後の収益につながるから。
52万5千円
→ メシのタネになる講座ですから。
富裕層税理士の先生方にはこれだけ払っても
受ける価値があると判断される方が多いと思います。
60万円
→ 月々5万円のキャッシュフローコーチの受注を
2社で6ヶ月契約した場合として、
5万円×2ヶ月×6ヶ月=60万円くらいかなと思った。
40万円
→ 単なる教えるというインプット型のセミナーではなく、
アウトプット(営業により顧客を
獲得することを含め)型のセミナーであり、
実際に成果をあげることに注力している点。
また、三井住友海上あいおい生命の営業担当の方の
バックアップがすばらしいと思いました。
50万円
→ 新規顧問先1件でも取れれば
ペイできるから。
60万円
→ 魚のつり方を教えていただきました。
それもExcelデータ資料やトーク集といった
実践ツールも受け取れるため。
プライスレス
→ 本質を習得し、
実践できればやりがいをもった仕事を
一生続けていけると感じたためです。
本当にありがとうございます。

image

さて、このように 塾生がこの養成塾を高く評価してくださっているのには、
1つ大きな理由がある
とわたしは考えています。

それは、この養成塾は「参加費のモトがとりやすい」ということです。

実は、第0期生は15名が参加され、うち9名が養成塾期間内に、
参加費の投資額の全額回収を確定
させました。(全参加者の60%)

さらに、卒業5ヶ月後に追跡したら12名が全額回収を確定 していました。
(全参加者の80%)

さて、参加者の過半数が塾期間内に参加費を投資回収 した上に、
プラスαの利益を確定させたとのことで、次の質問をしてみました。

image

「参加費の投資回収は養成塾期間内に“どのように”確定できましたか?
 また、全6回を通して得られた成果や収穫を教えてください」

image

いただいた回答の一部を了承を得て
「既存顧客からの例」と「新規顧客からの例」にわけて、ご紹介します。

image

既存顧客からの例

■ 山下昭一税理士事務所 小川隆義さま

月額5万円のCFコーチ契約を4件受注し、年間240万円の粗利を確定した。
CFコーチの過程にて経費見直しの際、保険契約の見直しにより
保険代理店手数料約300万円を確定した。

・ブレない自分の立ち位置が定まった。
・事務所全員のヤル気を引き出せた。
・事務所の「ウリ」ができた。

■ 塚本会計事務所 熊澤斉さま

3社で、月額17.5千円×12ヶ月=210万円のCFコンサル料確定。

和仁先生や塾生の意識が高く、この集団に入って
自分の目の前がぱっと開き1段上のステージにいけた。
安心、安全、ポジティブ、脱完璧主義、インプットとアウトプットが逆、
前置きトーク等々、即実践できるものばかり。

■ HNさま

①月々5万円と2万円のCFコーチ契約を2件受注し、年間84万円の売り上げを確定した。
②2回の社員向けのセミナーを10万円で受注した。

入塾しないで税理士を続けていたら、どこにでもいる税務関係だけをしている
税理士になっていて、価格競争に巻き込まれていたような気がします。

収穫できた点はいろいろありますが、3つ上げます。

1つ目は、セルフイメージの構築でした。これは2か月にわたり作り上げましたが、
これで進むべき方向性がはっきりしました。
言葉の曖昧さがいかにダメかも分かりました。
CFCとしての仕事を進めるうえで、かなり自身がつきました。

2つ目は、ビジョナリーコーチングの仕方です。
コーチングの4つのステップは、
既存の顧問先と話す時や新規見込み客と話をするときに使っています。
聞き出し方は、これからも訓練が必要ですか社長に気づきを与えるには、
かなり有効な方法だと思っています。

3つ目は、先生から提供を受けた資料関係ですね。
これを1から作り上げていくとしたら、相当時間がかかりますし、
資料の中にも先生の考え方が入っているので、安心して使える点です。
はじめは丸パクリで申し訳ありませんが、使用させて頂いています。
今後は自分なりに修正を加えていこうとは思っています。

1期の仲間も貴重な財産だと思います。
4回目ぐらいに仕事が立て込んでいて疲れがたまっていた時期がありまして
欠席しようかなと思ったこともありましたが、
出席して皆さんの顔を見たら原器が出てきたことがありました。
ありがたい存在です。本当に6か月間、ありがとうございました。

■ MKさま

収益に直結した受注は次の通り。

顧問先A社 / キャッシュフロー計画表で30万円受注
顧問先B社 / 2ヶ月に1回訪問:45万円+キャッシュフロー計画表15万円=60万円受注
顧問先C社 / キャッシュフロー計画表:30万円受注
顧問先D社 / 経営計画立案:35万円
顧問先E社 / 経営計画立案:25万円
顧問先F社 / 経営改善計画:認定支援期間として100万円
保険契約 / 1億円
新規契約 / 27万円(キャッシュフロー経営セミナーの話で1時間でクロージング)

その他、税務会計とコンサルティングの間に位置する
キャッシュフローコーチのメニューの位置づけが明確になった。
メニューが整理できてきたので、料金やお客様への提案がスムーズになった。

image

image

新規顧客からの例

■ 清家巧貴税理士事務所 清家巧貴さま

・月々7万円のCFコーチ:年間84万円
・月々15万円のノウハウ:年間180万円
・月々9万円で年間180万
・M&Aアドバイザー着手金50万と成功報酬5%。

常に自分自身のあり方、考え方、誰と比較されたいかを明確に周りの人に伝えることで、
関係のある方も、私自身のスタンスを周知することができた。
自分自身にCFコーチと組み合わせた複数のメニュー、サービスができた。

■ 加藤会計事務所 加藤吉郎さま

CFコーチ契約2件受注し、年間240万円の粗利を確定。
月額10万円の税務顧問先を1社獲得し、年間120万円の粗利を確定した。

セルフイメージの向上です!私を含めて税理士は自分を安売りしすぎると感じます。
また、それを社長にきちんと伝える為に話の組み立て形も重要だと学ばさせて頂きました。

■ ロングリーチコンサルティング 田中政明さま

保険営業のフロント(きっかけ)に位置付けすることで、既存客および新規客への
保険成約で、約650万円(9月、10月、12月)の保険手数料を獲得。

CFコーチのノウハウを、セミナーの第一部として位置付けた
新セミナーに移行することで、今までTVでセミナーが多かったのですが、
第一部をCFコーチとして、第二部を保険営業として構成することができ、
今までよりいっそう相手が(医療法人)の本業に帰寄することができるようになりました。

もちろん、セミナーの価値も高まり、CFコーチの部分を前面に出すことで、
集客もしやすくなったと思います。

■ ビジョナリーサポーター 今仁豪造さま

先にアウトプット(クライアント受注)を決めてから
インプットする方法でセミナーに参加しました。
コンサル先A社:10万円 / 月×6ヶ月=60万円
コンサル先B社:15万円 / 月×6ヶ月=90万円
コンサル先C社:18万円 / 月×6ヶ月=108万円

省エネのコンサルタントとジョイントベンチャーをして大手食品メーカーの工場にて
家計と会計の話を責任者(工場長含む)に実施することが出来た。
さらに8つの工場の工場長が集まる会合において同様の話をできるように、
ジョイント先のコンサルタントをビデオを使って教育した。

■ 西久保勝郎税理士事務所 西久保勝郎さま

月々5万円のCFコーチ契約を受注しました。

和仁先生のマインド(即レスなど)を学べたことが大きな成果です。
ノウハウを惜しみなく教えてもらえたこともそうですが、
その時の考え方(知の系譜)がとても身になりました。

また、相手との会話のストーリーを一字一句考えて臨むことなど細かい準備をする、
言葉に(文字に)してみることなど私自身の問題が言語化されたような気がします。

0期生の仲間やMSA生命の担当者との繋がりが持てたこと。
これらの仲間とこれからも刺激しあい成果に結びつけたいと思います。

image

そして開催日程は次の通りです。

<東京・第4期生> <大阪・第4期生>
第1回 6月16日(金) 6月23日(金)
第2回 7月14日(金) 7月21日(金)
第3回 8月18日(金) 8月25日(金)
第4回 9月15日(金) 9月22日(金)
第5回 10月13日(金) 10月20日(金)
第6回 11月17日(金) 11月24日(金)
毎回15時~18時 ※ その後、お店で延長戦(懇親会)があります。
なお、第4回の本編の講義の前には、ボーナストラックとして、
13時から2時間程の公開Q&Aセッションがあります(自由参加)。

講義は毎回、東京都内および大阪市内の会議室にて行います。

さらに講義の後には、お店に移動して「延長戦」という名の懇親会を毎回2時間ほど行い、
ここでは、講義内容への質疑応答や個別の相談に講師の和仁がお答えします。
個別に具体的なアドバイスが得られるため、人によっては
「本編以上に学びがありました」と言ってくれています。

そして、この養成塾には定員があります。

毎回、講師から宿題があり、
その提出された宿題に対して個別指導をするため、
無制限にお受けすることはできません。

定員は東京4期が36名、大阪4期が24名までです。

(ちなみに 第2期生と3期生は開催1カ月前にして定員に到達し、受付終了したため、
 5月と6月に開催のプレセミナー&説明会を参加しても入塾できない 方が何人もいて
 1年お待ちいただき、大変申し訳ないことになってしまいました)

今回の参加者には特別な特典をお付けしています

特典① メールやFacebookでのサポート
6カ月の受講期間中、
講師に対して 回数無制限のメールサポート をお付けしています。
特典② 参加者同士で情報を共有し合う
メーリングリストおよび塾生限定の
Facebookグループへの参加権をプレゼント します。
特典③ 欠席の日も安心!何度も復習できる!
塾生全員に 毎回の収録音声データをプレゼント します。
また日程の都合が合わない回については、大阪(東京)への振替参加も可能です。
特典④ エクセルやワードのデータをそのままもらえる!
講義で使うツール類は、データでもお渡し するので、
顧客に対してすぐに実践で使えます。
いますぐ申し込む

全6回の講義内容の狙いや概要、第0期生本人が語る成果報告を、
こちらの説明会動画でご覧になれます。(25分)

日程や予算などで迷っている方へファシリテーター講座のご案内

ご案内の通り、上記日程にて東京、大阪にて開催しますが、
これを読んでいただいている人の中には、

「講座にはぜひ出たいのだが、
 仕事の都合でどうしても日程が合わない」

「東京、大阪には行けない・・・」

という方もいらっしゃると思います。

そこで、今回より和仁本人による『ライブ講座』に加えて、
別日程・別会場にて『ファシリテーター講座』をご用意しました。

『ファシリテーター講座』とは、キャッシュフローコーチ養成塾を修了し、
かつ和仁の教えを経営の現場で忠実に実践しているキャッシュフローコーチが
参加者のファシリテーターとなり、各地区で開催する講座のことです。
講座の内容は東京、大阪開催の『ライブ講座』と全く同一です。

『ライブ講座』と『ファシリテーター講座』の違いは下記の通りです。

image

ライブ講座とファシリテーター講座の違い

1
ファシリテーター講座では、和仁が講師となる代わりに、和仁が実際に行った講義の収録DVDを視聴し、ファシリテーターが適宜内容を解説します。(原則、和仁達也本人が講義に参加することはありませんので予めご了承下さい)
2
座内容、講義回数は同一です。講義時間はファシリテーターの補足解説がある分、1時間多いです。
3
受講生同志でのディスカッションや意見交換も本講座同様に行います。その際はファシリテーターがその名の通りファシリテート役となり皆さんの意見交換を盛り上げます。
4
三井住友海上あいおい生命との連携については、担当ファシリテーターによって有無が異なります。詳しくは担当ファシリテーターにお尋ねください。
5
和仁への質問はその場ではできませんが、質問がある場合はファシリテーターが一時対応します。和仁本人に直接質問したい場合は、ファシリテーターを通して質問を行うことが可能です。
6
講義の内容は同様です。和仁本人が講義を行わない分、受講料には12万円程の違いがあります。ライブ講座の定価44万円(消費税別)に対して、ファシリテーター講座は32万円(消費税別)です。

image

なお、2017年度の開催場所は、
関東地区は、埼玉県さいたま市大宮区、 神奈川県横浜市
関西地区は、兵庫県姫路市、 神戸市、京都、
九州地区は、福岡県福岡市、
北陸地区は、新潟県新潟市の7カ所となります。

ファシリテーター講座について 詳しくはこちらへ

さて、最後に。

この養成塾のもう1つの側面。それは、投資効果が高くてロイヤリティがゼロのまったく新しいフランチャイズ。

6ヶ月の養成塾を修了すると、
ノウハウやツールに加えてキャッシュフローコーチ®の認定書が授与され、
顧問先やセミナーなどで「キャッシュフローコーチ®」を名乗ることができます。
(キャッシュフローコーチ®は登録商標です)

それによって、顧問先や見込み客に、通常の「税理士としての役割・報酬」とは別に
「キャッシュフローコーチ®」として認知され、新たな報酬を得やすくなります。

ちょっと想像してみてください。

例えば、コンサルタントや士業などに
ノウハウ・パッケージを提供するフランチャイズの中には、
初期投資に100万円以上かかり、
しかも毎月数万円のランニングコストがかかるものもあるようです。

それだけの投資をしながらも、初期投資が回収できないどころか、
月々のランニングコストが収益を事務所の圧迫するようでは、
何のために導入したのかわかりません。

その点、キャッシュフローコーチ®養成塾では、
6ヶ月の講義と課題を修了すれば、キャッシュフローコーチ®として認定され、
それ以降のいわゆるロイヤリティなどのランニングコストは発生しません。

(希望される方には、さらに学びを深めるための教材やセミナーなどの用意がありますが、
 それはあくまで選択自由のオプションです)

つまり、税理士としての役割・報酬の上に、
新たな役割・報酬を上乗せできるために必要な投資額は
「養成塾参加費の475,200円のみ」
なわけです。

また、前述の通り、養成塾の中ではノウハウだけではなく、

「受注確率が飛躍的に上がる個別相談トーク7ステップ」

も伝授します。

これは、和仁が実際に営業の場面で使っている、
相手を一切コントロールしないのに高確率で契約が決まる
トークを言語化し、練習すれば誰でも再現可能にした
ものです。

なぜそこまでやるのか、というと、それは、

「いくら有益なノウハウを習得しても、
それを受注できる営業力がなければ意味がない」

と考えるからです。

さらには、第五回目の講義では、
塾生の見込み客にも同席してもらい、彼らに対して和仁が
「塾生をキャッシュフローコーチ®としてTアップ」する、

特別セミナーを行います。

というのも、慎重派な塾生の場合、新サービスを営業するのに
はじめのうちは不安感から躊躇されることがよくあります。

そこで、塾生の既存税務顧問先、新規見込み客と会場に連れてきていただき、
和仁がこのサービスの価値をお伝えする場(特別セミナー)を作ります。

そこで関心をお持ちになった方々にだけ、塾生は説明すればいいのです。
それをきっかけに慎重派な塾生も、営業活動にエンジンが入ります。

つまり、塾生が最高のアタックを打てるよう、和仁がトスを上げます。

実際、第0期、1期、2期、3期でもここからいくつも新たな契約が生まれました。

ただ、大切な見込み客を連れてくるっていうと、多少なりとも不安があるかも知れませんね。
先輩の塾生がどんな感想を持ち、招待された見込み客がどんなリアクションをするか、
気になることと思います。
そこで、このセミナー直後に届いた、ある塾生からメールの一部をご紹介します。

今回のセミナーに来てくださった顧問先に、とても喜んでいただき感謝をされました。
私が日々このような質の高いセミナーに参加して勉強していると思われ、
和仁先生のお陰で私の価値までもが上がりました。
セミナーに来てくださった内1社のお客様が、アンケート末尾の無料フォローに
中々〇をつけなかったので、理由を尋ねたところ、
「有料でお願いしたかったので、〇を付けにくかったんです」とおっしゃったので、
先生のセミナー効果にあらためて驚きました。
様々な場面でフックを入れて下さったお陰ですね!
初対面のお客様までもを虜になってしまう先生の場づくりにも感動しました。

こんな感じで喜んでもらっているので、ご安心ください。

ここで月々5~10万円のキャッシュフローコーチ契約を新規先から受注した塾生もいれば、
月々5万円の税務顧問先にプラス5万円のキャッシュフローコーチを
アドオンで上乗せ契約した塾生もいます。

また、コミュニティを抱える金融機関とのジョイントで
キャッシュフロー経営セミナーを行い、見込み客を獲得した塾生もいます。

このキャッシュフローコーチ®の良いところは、収入が単発ではなく継続的 なところです。

例えば 月々5万円のクライアントを1社獲得すれば、
1年で養成塾の参加費が回収できるのみならず、
2年目以降の収入は全て利益
になります。

それが現実的なチャレンジであることは、過去の塾生が証明してくれました。

さらに、2社目以降の受注も含めれば、
生涯に渡る投資効果はいったいどれほどになるのでしょう?

このように、単に「ノウハウを伝授してお終い」ではなく、
ここまで「塾生の新規獲得・客単価アップ」に直結したサポート体制を
用意しているプログラムは、なかなかないのではないでしょうか。

しかも、通常このようなノウハウ系のフランチャイズでは、
開発者ではなく、インストラクターが講師を務めることが多いようです。

その点、今回の第4期生については、キャッシュフローコーチの開発者である和仁達也が、
その「あり方」と「やり方」を全6回に渡り、直接伝授します。

ただ将来的には、和仁の物理的な時間の制約などから
この養成塾を認定講師に引き継ぐ可能性があります。

なので、キャッシュフローコーチに関心をお持ちの方には、
2017年の第4期生への参加をお勧めします。

いますぐ申し込む

さて、ここまででわたしがお伝えしたいことはすべてですが、
参加を検討される方から、いくつか質問をいただいたので、それにお答えします。

参加を検討したい方からの質問

6回の講義はなるべく全参加したいのですが、
もし欠席した場合にフォローはありますか?
はい。毎回音声を録音して、参加の有無に関わらず、
塾生全員にメールで音声データを提供します。
ダウンロードして何度でもお聞きいただけます。
また、配布資料も同様に、毎回データでお渡しします。
さらに、facebookグループをつくり、そこで講師の和仁に直接質問もできる ので、
ご安心ください。
また、第4期は東京と大阪の同時開催なので、
都合のつかない回は、別会場で振替参加することも可能です。
キャッシュフローコーチのノウハウを身につけたとしても、
ちゃんとその分の報酬を顧客に請求できるか不安です。
その営業対策的なことも講座で扱いますか?
はい、もちろん扱います。
むしろ、従来の講座はそこがないから成果が出ないのだと考えています。
この養成塾では、和仁が実際に営業でつかって成果の出たトーク例を紹介すると共に、
塾生同士でもうまくいったトーク例をシェアして、特に営業面での「知の共有」を図ります。
よって、一人でがんばるより、数倍、成果が出やすくなります。
ウチの職員に受講させたいと考えていますが、
職員でも売上が上がりますか?
はい、従来の塾生をみると、学んだことを実践できる方なら、
所長か職員かに関わらず、高確率で売上が上がっています。
それは、再現性の高いコンテンツが用意されているからです。
しかし、注意いただきたい点があります。それは、
「従来の仕事よりもキャッシュフローコーチの仕事に魅力を感じて、
そちらに専念したくなる」可能性も高いということです。
場合によっては、独立する人もいます。
それを、「本人の夢の実現」と送り出せる方であれば、受講させることをお勧めします。
税理士が対象とのことですが、
社労士やコーチなど税理士以外の人は参加できませんか?
参加いただくことは可能です。
ただし、基本的に税理士を想定してカリキュラムを作っているので、
その点を了承いただければ問題ありません。
キャッシュフローコーチのノウハウ自体は、
税理士以外の人でも十分活用できるものですので、ご安心ください
(そもそも和仁自身、税理士ではありませんので)。
三井住友海上あいおい生命との代理店契約は必要ですか?
代理店契約をおすすめしています。その理由をご説明します。
今回の養成塾は、三井住友海上あいおい生命(MSA生命)さんとの
ジョイントで企画しています。
MSA生命の本社の皆さんには、
毎回の講義の設営や事務局運営などを担当いただきますし、
全国の営業拠点には、「中小企業の新規開拓のプロ」としての
強みを持つ社員の方がいらっしゃいます。
この養成塾を通して彼らが期待していることは、
税理士事務所および顧問先の本業発展に関わることで、
提携先税理士事務所と強いパートナーシップを育むこと
です。
つまり、税理士事務所が関与先と「経営の会話ができる」関係になり、
必要なタイミングで保険商品を提案できる状態ができれば、
それは代理店契約している三井住友海上あいおい生命にとって
「見込み客のアップ」を意味します。
とは言え、ご安心ください。
彼らが「当社のキャンペーン中だから関与先に営業させてほしい」などの
“自社都合を税理士事務所に押しつける”ことは一切ありませんし、費用もかかりません。
中小企業が適切な経営をしていれば、ある一定確率で保険のニーズが発生し、
そこに三井住友海上あいおい生命の商品がぴったりマッチした場合に契約となります。
つまり、塾生である税理士事務所は、数ある生命保険会社との提携先のうちの1つとして、
三井住友海上あいおい生命を加えていただくだけでよいのです。
この養成塾の6カ月を通して、彼らが「中小企業の新規開拓のプロ」として、
真摯にあなたの本業の発展に関わろうとするスタンスを、
きっと感じとっていただけると信じています。
キャッシュフローコーチを自分にも本当にできるのか、不安です。
知識に関しては、税理士の知識があれば十二分です。
また、即実践で使えるツールの用意もあり、
やる気があれば、すぐに実践できる ようになっています。
また能力に関しては、「自分には社長と経営の話をするなんて、荷が重い」
と感じている人にも、何をどの順番で話し、引き出せばよいか、
講義の中でレクチャーがありますし、講義の音声は繰り返し聞いて学べるので、
やはりやる気さえあれば、さほど心配はしていません。
もし習得に苦労することがあるとしたら、
「上から教えるスタンス」に慣れている人は、パートナー型という、
横に並ぶスタンスへの切り替えに戸惑うことがあるかも知れません。
「ひとまずやってみよう」という素直さと、高い向上心があれば大丈夫です。
いますぐ申し込む